PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

ルイヴィトン、シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料診断 メールはこちら
現物診断 電話はこちら

臨時休業及び夏期休業のお知らせ

営業日カレンダー

Social

簡単!無料診断

お問い合わせ
ルイヴィトン修理 ふち周りコーティングが保管中にべた付いた状態の修復 

ブログをご覧頂き有難うございます。

 

エピラインショルダーの

 

べたつき修理をご紹介させて頂きます。

 

解決ブログでもご紹介させて頂いた

 

バニッシュ(コバ)のベタツキです。

 

このような症状は、保管中の

 

高温多湿が原因で生じる

 

加水分解という状態になります。

 

溶けたようにネチャネチャになり

 

使えなくなってしまいます。

 

このような状態になったときは、

 

悪化したバニッシュを、除去して

 

再加工いたします。

 

 

【before】

写真 2019-03-29 11 05 45

 

 

【after】

写真 2019-03-29 17 15 31

 

 

本体側もベタベタでしたが

見栄えよく再加工が出来ました!

 

 

 

【before】

写真 2019-03-29 11 06 15

 

 

 

【after】

写真 2019-03-29 17 15 48

 

これからの季節に気を付けたい!バッグや財布のベタベタの原因

 

これで、安心してお使いいただけると思います!

 

写真 2019-03-29 17 15 26

 

 

 

ご依頼の流れ




<< メゾンマルジェラ TABI(タビ)ソールを保護【ハーフソール張り】  | ルイヴィトン修理  ヌメ革の制作交換 【ハンドル・ショルダー・ふち革などの事例】 >>