fbpx

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

ルイヴィトン修理 根革交換

ブログを見て頂き有難うございます。

ルイヴィトンの根革制作交換をご紹介します。

【before】

DSC_0875

長年使用してくると、根革部分に負荷が掛かり、亀裂が入ってきます。

ルイヴィトンの修理で多い修理になります。

 

部分的に交換が出来るので、お手頃価格で交換が可能です。

 

まずは、縫い付けられたステッチを外し劣化した根革を取り外します。

DSC_0876

 

取り外した状態です。

モノグラムの生地は、とても丈夫でしっかりしています。

 

DSC_0877

 

型枠を使って、同じ形状でヌメ革をカットして、針穴を開けますが、

レザーが変形しているので、位置合わせにコツが必要です。

 

DSC_0884

 

厚みがあるので、手縫いでは針が通りません。

八方ミシンを使って手縫い感覚で縫い合わせていきます。

 

DSC_0901

 

裏地があるので、そのまま縫い付けることが出来ないので、

バッグ上部の縫製を一部、外す必要があります。

外した後は、元の針穴に併せ再縫製を致します。

 

DSC_0902

 

ヌメ革は経年変化で色合いが焼けて濃くなってきます。

ルイヴィトンのヌメ革は、購入当時、白に近い肌色です。

 

白いヌメ革を使用して、部分的に交換すると如何にも交換した感じで

交換しない部分に馴染ませるには、時間も掛かってしまいます。

 

エイジングしたヌメ革を使用していますので、

交換した感なく、仕上がるかと思います!

 

【after】

DSC_0903

 

革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ

革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ

002




<< ルイヴィトン染め直し | ビルケンシュトック修理・カカトのコーナー補修 >>