バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。




革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ 革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ 革修理どっとコムへ診断申込み用紙


バッグ修理 バッグ修理

シャネル・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを修理致します。愛着のある鞄を蘇えらせます。


シャネルバック修理 エルメスバック修理 バーキンバック修理 ケリーバック修理 スタンダードバック修理
靴修理

グッチ、シャネル、フェラガモ、高級ブランドの大切な靴、ブーツを修理致します。クリーニングも承ります。


靴修理 ブーツ修理

部分ケア料金コース修理 バッグ部分修理

ルイヴィトン・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを部分修理致します。より大切に長く愛用できます。


バック、鞄部分修理 財布部分修理 靴部分修理 ブーツ部分修理


営業日カレンダー

はじめてご利用の方 特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー お問い合わせ
お問い合わせ
お客様の声 事例集

エルメス修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング シャネル修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング ルイヴィトン修復事例
交換修理 ブランド品の修復事例 お客様の声

ルイヴィトン修理【根革交換】

ブログを見て頂き有難うございます。

ルイヴィトン根革交換をご紹介します。

 

経年変化で負荷が掛かり切れてしまう部分です。

 

モノグラム生地は丈夫で長持ちしますが

ヌメ革部分が、先に劣化してきます。

 

DSC_0748

 

まずは、根革を取り外しますが、

ふち周りのヌメ革を慎重に外します。

 

DSC_0749

 

縫製を解いた部分の下地です。

経年劣化で、だいぶ痛みが出ています。

 

部分的な交換修理にはなりますが、

構造上、裏地があり、そのまま縫い付けることが

出来ないので、ふち周りの縫製を解く必要があります。

 

DSC_0750

 

型枠を使い、レザーをカットします。

 

DSC_0751

 

下準備で、ステッチを通す部分や

リベットの取り付け穴を作り、

ショルダーに通して、本体に

縫い付けていきます。

 

中央のV字ステッチも同じ様に

縫製致します。

 

DSC_0768

DSC_0769

 

一つ一つの針合穴に併せ、

八方ミシンを使い、縫い込んでいきます。

 

DSC_0770 DSC_0771

 

リベットは、ドットタイプと言いまして

打ち込んで取り付けます。

 

DSC_0772 DSC_0773

 

最後に取り外したふち周りのヌメ革を

元の針穴に併せ再縫製します。

 

古くなったヌメ革は、脆くなっているので

ボロボロにならないよう、慎重に

再縫製していきます。

 

DSC_0775

DSC_0776

 

 

ルイヴィトンのヌメ革は、購入時、

白に近いアイボリーです。

 

アイボリーのヌメ革で交換すると

如何にも、その部分を交換しました的な

仕上りになるので、

エイジングして色合いを少し焼いた

ヌメ革を使用します。

 

部分交換でも違和感が出にくい仕上がりになります。

※全体の焼け具合によりますが、

全く同じ近い色合いに出来ない場合もございます。

 

DSC_0777

 

診断・お見積りは無料です。

お気軽にお問合せ下さい!

 

革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ

 

革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ

 

 

msg_strength_handle

 

 




<< シャネルクリーニング 染め直し | レザースニーカーの汚れ落とし >>