バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。




革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ 革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ 革修理どっとコムへ診断申込み用紙


バッグ修理 バッグ修理

シャネル・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを修理致します。愛着のある鞄を蘇えらせます。


シャネルバック修理 エルメスバック修理 バーキンバック修理 ケリーバック修理 スタンダードバック修理
靴修理

グッチ、シャネル、フェラガモ、高級ブランドの大切な靴、ブーツを修理致します。クリーニングも承ります。


靴修理 ブーツ修理

部分ケア料金コース修理 バッグ部分修理

ルイヴィトン・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを部分修理致します。より大切に長く愛用できます。


バック、鞄部分修理 財布部分修理 靴部分修理 ブーツ部分修理


営業日カレンダー

はじめてご利用の方 特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー お問い合わせ
お問い合わせ
お客様の声 事例集

エルメス修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング シャネル修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング ルイヴィトン修復事例
交換修理 ブランド品の修復事例 お客様の声

ルイヴィトン修理【ファスナー交換】

ブログを見て頂き有難うございます。

ルイヴィトン修理、ファスナー交換をご紹介します。

 

画像のように布地部分が破れた場合、全交換が必要になります。

全く同じ部品の入手は出来ないので、類似品に変わりますが、

ぱっと見は違いが判らないレベルかと思います。

 

DSC_0803

 

最初にファスナー回りの縫製を生地を傷めないよう、

慎重に解いていきます。

 

DSC_0804

 

縫製を解き、ファスナーを取り外した状態です。

ここからが、本番です!

類似のファスナーを選び、再縫製していきます。

 

DSC_0805

 

残ったステッチをキレイに取り除きます。

 

【before】

DSC_0806

 

DSC_0807

 

じっくり変色するので、気が付きませんが、ファスナーは表に出ている部分と

出ていない部分では、こんなに色合いが変わってしまいます。

 

変色していない側に併せ出来るだけ近いファスナーを選びます。

 

DSC_0810

 

八方ミシンは手回しで縫製していくミシンです。

元の針穴に併せ慎重に手縫い感覚で縫製していきます。

 

DSC_0811

 

いい感じで仕上がってきました。

洋服など布地と違い、針穴がズレると亀裂が入るため、慎重を要する作業になります。

 

DSC_0812

 

ルイヴィトンの刻印があるプルタブは再利用して取り付け致します。

類似のスライダーです。

 

DSC_0813

 

プルタブを交互に外します。

 

DSC_0814

 

既存のプルタブを取付してファスナーに通します。

 

DSC_0815

 

ファスナーにスライダーを装着したら、留め具を取付けて、

付け根部分のステッチを縫い直して完了になります。

 

DSC_0819

 

反対側も同じ様に留め具を付けて再縫製します。

 

DSC_0821

 

単純にファスナー交換と言っても、再縫製や細部の部品まで、

近い形状のパーツを探し入手して揃えることが大変でした!

 

 

特殊な色合いで、同じ色合いが既製品でない場合は、

ファスナー自体を作ることも可能です。

100%同じにはなりませんが、違和感が出ない範囲で、

近い色合いで制作させて頂き、交換をさせて頂いております!

 

ファスナーに関して詳しくご紹介しているサイトです。

宜しければ、ご覧ください!

 

9f990709060fbb8111a94ef8e6e243c9




<< ルイヴィトンクリーニング 染め直し | クリスチャンルブタン修理・ソールの事前保護 >>