PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら
エルメス サックアデペッシュ 擦り傷を銀面生成(補色や染め直し)で修復

ブログをご覧頂き有難うございます。

擦り傷が多数見られ黒ずんだデペッシュの

メンテナンスをご紹介させていただきます。

 

【before】

【after】

 

特にハンドル部分に擦れが見られました。

クレンジングで表面の汚れを落とし、バインダー層に馴染むように

補色して、色止めの役割があるトップ層のコート加工を施します。

 

バインダー層とかトップ層とか、意味が分からない方は、

こちらをご参照いただけたらと思います。

 

レザーの構造【豆知識】

 

【before】

 

【after】

 

レザーの特性を活かしながら、見栄えとナチュラル感の

バランスを見ながら修復していきます。

 

ハンドル部分ですが、画像では見えませんが、

ふち周りに細かなひび割れが見られました。

 

そのままで、補色すると硬化して更にひび割れを

悪化させる恐れがあるので、

オリジナルで開発した「ヒビワレシュキュー」

保護してから補色や染め直しを施します。

そうすることで、硬化を防ぎひび割れも目立たなくなります。

 

【before】

【after】

 

フラップ裏面など、内部もレザー部分は

表面同様のメンテナンスが可能です。

 

革と革のカット面を隠すコーティングされた部分の

再加工を施すことで、引き締まった感が出ます。

 

【before】

【after】

 

側面です。

市販で販売されているコバインキなどは、

てかてかになるので、DIYをされる皆様には

艶調整剤を配合することをお勧めいたします。

 

 

【before】

【after】

 

 

フラップの開閉で負荷がかかりやすい部分も

細かなひび割れが出やすいため、

ヒビワレシュキューで保護してから再加工します。

 

【before】

【after】

 

診断お見積もりは無料です。

お気軽にお問い合わせください。

 

 




<< ルイヴィトンバッグ ショルダーやハンドル接続部分を根革と言います。切れた場合、制作交換が可能です。 | ロイド・ダイナイトソールのリフト交換 >>