fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

エルメスHエンブレムの修復 メッキの剝れ

ブログをご覧頂き有難うございます。

色褪せやシミと併せ、エンブレムの色褪せや

サビがある場合、メッキ加工をご提案させて頂きます。

 

本体から取り外した状態の画像になります。

【before】

IMG_09361

【after】

IMG_11081

 

 

擦れにより表面の剥がれと黒ずみは、

表面を研磨して加工致します。

 

【before】

IMG_09371

 

【after】

IMG_11071

 

塗装する方法もございますが、

当店では、クロムメッキで、加工致しますので

本来の輝きを取り戻すことが出来ます。

 

しかしながら、金属自体に凹み傷が

見られる場合、痕が残ります。

 

出来る範囲で研磨して加工しておりますが、

ご了承いただきたく存じます。

 

カデナの場合、気にならない範囲ではありますが、

加工することで、輪の動きが若干、

硬くなる場合があります。

 

【before】

IMG_10661

 

【after】

IMG_11441

 

 

チェーンの加工も可能です。

チェーンからレザーショルダーを抜き、

加工後、中に戻します。

 

フリンジ先端のボールも金属なので

綺麗に仕上がります。

 

【before】

IMG_09381

 

【after】

IMG_11111

 

 

メッキ加工を施す場合、本体から外す必要があります。

エルメスベアンの場合、ふち周りの縫製と、

革と革の併せを隠すコーテイングの再加工も

必要になります。

 

加工後、エルメスはサドルステッチ法で

手縫いで再縫製致しコーティングの再加工を施します。

 

最善は尽くしておりますが、下地のレザーが

劣化している場合、細部の美観に影響が

出ることがございます。

 

レザーのメンテナンスと併せて、

ご検討頂けたらと存じます。

 

メールでお問い合わせ頂く際は、

少しアップ目の画像をお送り頂けますと、

仕上り感など、詳しくご案内できるかと存じます。

 

革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ

 

革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ

 

下地がプラスチックの場合や、

本体から取り外しが出来ない部分は、

残念ですが、加工が出来ません。

 

バーキンやケリーのベルト部分は、

外しますと、ピン金具がドット式で

外せないため、加工が出来ません。

 

同じ大きさの金具も入手が出来ず、

違和感が出てしまうため、

お問い合わせを頂くのですが、

対応が出来ません。

 

お問い合わせ頂いた皆様、

お役に立てず申し訳ありません。

 

内部なので表から見えない様、

ベナンと同じ様に、ネジ式に変更してくれると、

加工が出来るんですが、無いものねだりです(笑)

 

あと、プラダやミュウミュウの

金属文字のエンブレムも外すと

取付が出来なくなる加工性が高いため、

お受けしておりません。

 

縫製を解いて、何度か方法を考えましたが

リスクが高いため、打開策が見つかりませんでした。

 

サイズが大きいエンブレムは、

取り外しが可能なケースが多いです。

 

【before】

IMG_2761

【after】

IMG_3294

 

表から判断付かないので、フチの縫製を解いて

内部の確認をしてから、加工か否かのお返事となります。

 

大きく縫製を解くと、ダメージを与えてしまうので、

耳かき用のファイバースコープ??が入る位の範囲で

解いて確認します!

 

耳かき用で安く売っていたので、

購入しましたが、先端にLEDがあり、

綺麗にみることが可能になりました!

 

IMG_5872

 

今まで解いたことが無いケースの場合、

画像診断で判断が出来ないため、

現物をお送り頂く必要があります。

 

お気軽にお問い合わせください!

 

革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ

革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ




<< チペワブーツ修理・オールソール交換 | オーストリッチの修復 >>