fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

ルイヴィトン染め直し

ブログをご覧頂き有難うございます。

アンプラントお財布のメンテナンスを

ご紹介させて頂きます。

 

手でよく持つ中央部分・・・

徐々に銀面が無くなり、

下地のレザーが露出して、黒ずみが

浸透してこのような状態になります。

 

銀面が無くなり、手垢の蓄積です。

 

この様な状態は、レザーに浸透した

シミを出来る限り抜き取る必要があります。

 

【befoer】

写真 2019-06-21 10 28 27

【after】

写真 2019-06-21 13 51 40

 

お直しが出来ない点は、エンボス感が無くなった

状態の部分は、若干、つるっとした感が出てしまいます。

 

【before】

写真 2019-06-21 10 28 32

【after】

写真 2019-06-21 13 51 35

 

メンテナンスをお考えの場合、

型押しやシュリンクレザーの場合、

シボのエンボスが無くなる前の段階で

メンテナンスされるのが理想です。

 

バッグや財布は洋服とは違いますので

頻繁にクリーニングは不要ですが、

基本、お財布は、毎日のように使うアイテムです。

 

高価なブランドであれば、1年~2年に1度は

クレンジングと染め直し、そして色止めの役割もある

艶調整をされますと、長くご愛用できるかと思います。

 

スムースレザー・銀付き革

 

トップ層は、バインダーや革を保護する

役割にもなっています!

 

 

【before】

写真 2019-06-21 10 29 54

【after】

写真 2019-06-21 13 51 47

 

 

レザーの構成要素に併せて、論理的に

メンテナンスを施す革修復どっとコムです。

 

 

 

 

 

 

 

 




<< ルイヴィトン染め直し 気になるヌメ革のシミ(泣) | ルイヴィトン修理 >>