fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

ルイヴィトン修理 内装張替

ブログをご覧頂き有難うございます。

バッグの内装張替をご紹介させて頂きます。

 

保管中の高温多湿が要因で、合成皮革素材部分が

溶けてしまいます。

この様な状態になると、張替が必要になります。

 

劣化した生地の画像です。

溶けてベタベタと剥がれてくる状態です。

 

IMG_7158

 

合成皮革素材部分のみ張替が可能です。

例えば、ポケット内だけの張り替えで済む場合が

構造的に結構あります。

 

メイン本体内部はキャンパスで、

ポケット内部のみの張り替えになります。

 

本体内部

内部本体不要事例

 

張り替えたポケット内部

IMG_7162

ポケット内部のみ張替事例

 

ちょっと分り難いですが、

オープンポケット内部です。

広く広げると裂けてしまう可能性があるので

ご了承ください。

 

IMG_7163

 

他にもアマゾンやダヌーブも

メイン内部は本革でポケット内部が合皮です。

 

メイン内部本革の画像

 

IMG_7169

 

ポケット内部のみ張替をさせて頂きました。

 

IMG_7170

 

コスパ的にも、こちらの方法がお勧めです!

メイン内部が合皮の場合は、全張替が必要です。

 

続いてバケットバッグの張り替えです。

 

画像のように入り口周りにレザーがあり、

レザーに挟み込んで縫い込まれている構造の場合、

再縫製の時に、レザーがボロボロになる状態のときは、

口革もセットで交換をさせて頂きます。

 

交換した口革部分の画像です。

口革交換事例

 

内部の画像です。

ポケット部分やチェーンなど、

再利用して取り付け致します。

 

バケット事例

 

お気に入りのバッグの中がベタベタに!バッグの中がベタベタになる理由とは

 

 




<< ルイヴィトンクレンジング | ルイヴィトン染め直し >>