fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

シャネルクリーニング 染め直し

ブログを見て頂き有難うございます。

最近のうちの修復師さんたち、

メキメキと力を身に着けてきております!

 

先日、修復できる職人の育成に

力を入れていることを、書いておりますが、

職人育成に関して、やってきたことと言うか、

核にしている考え方があります。

それは、「結論を出さない」になります。

 

例えば・・・

「修復師」

これどの様な方法がいいですかね~

「わたし」

どうしたらいいと思う?

 

基本的な返答です。

 

勿論、基本的な流れや配合、

レザーの見極め方は、教えていますし、

手が掛かりやヒントになることは、

その人のレベルに合わせて、回答しますが、

 

方法、やり方、配合に関しては、

自分の脳を使ってもらうようにしています。

 

そうしないと、上手くならないんです!

 

インターネットを立ち上げて、

まもなく10年になりますが、

当初、立ち上げから4年くらいの間に、

何人かに、「この仕事は向いていない。大変な仕事だ」

と言われ、会社から去られました。

 

知り合いの紹介で、県外から研修を受け入れた

男の子には・・・

こんな仕事より、「もっといい仕事がある」なんて

言われたこともありました。

 

結局、なぜ自分は、このように出来るように

なって他の人には出来ないんだろう??

 

って考えてみたら、自分の脳を使って、

悪戦苦闘してきたからじゃないかと

気が付き、その後、修復師さんたちに、

頭を使って考えてもらうように

してきました。

 

一見、冷たい感じに思われたのでしょう!

言い合いになった修復師さんも何人かいますが・・・

 

今では、エルメスを取り扱う認定試験を合格して

かなり、上達しており、

お客様からお礼のメールも沢山、頂けるまでに

成長しております。

 

上手くなれなかった人たちに対して、

その当時、くやしさしかなかったのですが、

今では、振り返ってみると、

悪いことしたなって思えるようになりました。

 

一見、冷たく感じられて嫌われても

この考え方は変えずに、

本格的な修復師を育てていきます!

 

それでは、本題のシャネルのメンテナンスを

ご紹介させて頂きます。

キャビアラインのチェーンウォレットです。

 

【befoer】

写真 2019-06-18 15 48 15

【after】

光加減で全く違う色合いに見えますが、

同じお品物です。

写真 2019-07-06 12 00 08

 

千木の背面画像が色合い的には、正解です!

光加減で色合いがこんなに変わってしまう・・・

撮影は難しいです(泣)

 

【before】

写真 2019-06-18 15 48 20

【after】

 

 

写真 2019-07-06 12 00 19

 

内部のレザー部分は、表面同様、

メンテナンス可能です。

 

キャンパス(布)や合成皮革部分は

内部に染み抜き剤など残らない配合で

メンテナンスします。

 

当店は、クリーニング店のように

水に着けこんだりなど、

丸洗いは致しておりません。

クレンジングにてメンテナンス致しております。

 

詳しくは、こちらに記載させて頂いております!

革修復どっとコムのメンテナンス方法と取り組み

 

内部の画像です。

 

【befoer】

写真 2019-06-18 15 48 31

【after】

写真 2019-07-06 12 00 28




<< 大塚紳士靴修理・ダイナイトヒール交換 | ナチュラルレザーのメンテナンス >>