fbpx

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

ルイヴィトンクリーニング 染め直し

ブログを見て頂きまして有難うございます。

タイガラインのビジネスバッグの

メンテナンスをご紹介します。

 

タイガラインは革シボのエンボスに

色合いの濃淡があります。

 

濃淡を出来るだけ残すことを

意識したメンテナンスになります。

 

【before】

 

IMG_9358

 

【after】

 

å__ç__ 2019-06-20 15 06 14

 

濃淡を残す上で大事なことは、

レザーの構成要素である、

バインダー層(※1)に馴染ませる

ことになります。

 

擦れにより、濃淡が完全に無くなった部分は

痕が残りますが、違和感なく、

ナチュラルを重視して、見栄えが良くなるように

メンテナンスをさせて頂いております。

 

【before】

 

IMG_9357

 

【after】

 

å__ç__ 2019-06-20 15 06 55

 

※1バインダーとは

レザーが製品化される前の

段階で、色付けをする際に、

加工される層になります。

なめしたレザー(※2)を

そのまま製品化することが出来ません。

色があるレザーには、

柔らかいラムレザーから全ての

レザーに必ずある層になります。

バインダー層はレザーの

表面を綺麗に整える役割と

色付けに重要な層です。

部分的な浅い角擦れなどは、

バインダー層が残っているので

顔料と水で綺麗になります。

全体的に色褪せていたり

焼けや変色がある場合・・

バインダー層からメンテナンスして、

レザーの表皮を整えることで、

レザーの質感や風合いを

再現することが出来ます。

※2なめしたレザー

嫌な話になりますが・・・

動物から剥いだ状態の革には、

体毛などの付着物があります。

なめすとは・・・?!

簡単に言うとクリーニングして

付着物を取り除く工程になります。

その後、バインダー層を加工して、

着色や染めを施し、艶感を調整して

色止めされて製品化され、

バッグや財布になります。

▼クリーニングとの違い?!

を解説したブログです!

msg_concept_main




<< クリスチャンルブタン修理 ハーフソール保護とピンリフト交換 | フェラガモクリーニング 染め直し >>