PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

ルイヴィトン、シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料診断 メールはこちら
現物診断 電話はこちら

臨時休業のお知らせ

営業日カレンダー

Social

簡単!無料診断

お問い合わせ
お客様の声

自信の修復事例

REPAIR CASE

  • 革修復お客様の声
ジャケット染め直し&顔料の違い

ブログを見て頂き有難うございます。

レザージャケットのメンテナンスを

ご紹介させて頂きます。

 

ある番組から色の話になり、

同じ白でも、複数の色を配合して

微調整が必要になります。

 

微妙な色違いを調整し、色調が出来るようになるには

量稽古です。

 

量稽古は、才能をリカバーしてくれます!

 

才能が人より劣っていても、努力を続ければ、

必ず身につきます!

 

ことわざにもありますが、

「木に緑りて魚を求む」

大事なことは、正しい努力です!

正しい努力をするには、

・本気度(情熱熱意)

・情報と情報処理

・行動(実行)知っているとやってみたの違いかな!

 

他は何かな~

・己の現状(レベル)を知り、受け入れるもそうかもです。

見栄や、変なプライドがあると、正しい努力が

出来なくなるからです!

 

 

それでは、本題のメンテナンスを

ご紹介させて頂きます。

 

白の話になったので、

白系のメンテナンスと思い、

ジャケットの画像があったので、

ご紹介します!

 

その前に、当店で使用している

液体顔料とアクリル顔料の

違いを見て頂きたく存じます。

 

【当店で使用している液体顔料】

IMG_5995

【アクリル顔料】

IMG_5994

 

 

キッチンペーパーに乗せてみましたが、

違い分かりましたか??

 

当たり前ですが、液体は浸透します。

 

アクリルは浸透しません。

そのため、色合いを100%合せる

必要があり、色が違うと、厚塗りになり

不自然な仕上りになってしまうのです。

 

時には、サンドペーパーで、軽く傷をつけて

塗った感を隠す必要があります。

 

当店で使用しているのは、

液体顔料だけではありません。

 

ご自身でメンテナンスをされている方であれば、

ご存知かと思いますが、

 

レザーは、しみ抜きをした際、少なからず

元の色も一緒に抜けてしまいます。

 

 

状態にもよりますが、顔料はあくまでも

補色として活用しており、

元々の色を引き立たせるための薬品があり、

液体顔料に配合して、使用しています。

 

少し専門的になりますが、

レザーは、製品化される前の

加工の段階で、艶調整を施します。

 

【before】

写真 2019-03-19 9 31 03

【after】

写真 2019-03-19 15 11 50

 

よくご質問いただくことは、

全体的に塗ると不自然になりませんか?

とご質問を頂くのですが、

アクリル系の顔料だと不自然になります。

 

最初の見た目は良くてもアクリルは、

面と面が重なった状態で保管すると

貼りついてしまうので、逆に全塗りは出来ないと思います。

 

かと言って、液体顔料も同じで、

顔料だけで全体的に塗ると、違和感が出てしまうので

違和感が出ない様、下処理と、元の色を引き立たせる

薬品を上手く活用して、塗装ではなくレザーに馴染ませる

「染め直し」がレザーには向いていると思います。

 

【before】

写真 2019-03-19 9 30 39

【after】

写真 2019-03-19 15 11 26

 

 

【新サービスのご紹介】

 

革修復どっとコムが新たに取り組んできた

職人の育成方法が、少しずつ形になり、

若手修復士が育ってきました。

 

取り組んでいると、私の友人や知人から

使わないブランド品があるが、売ってくれないかと

頼まれ委託で販売してみると、買取店の倍になった!

と言っていただけ、これは依頼いただいた方に

喜んでいただけるのではないかと

新たに立ち上げたサービスとなります。

 

ホームページが出来上がったので、

ご紹介させていただきます。

 

 

ブランド品を高く販売いたします!

 

 

 

 

 

革修復どっとコムの修復士育成への取り組み

 

ワンガリーマータイさんが

日本の文化である「勿体ない」を

「MOTTAINAI」と提唱してくれました。

 

文化とは、効率ではなく手間暇が

かかることだと思います。

 

手間暇かけて、この文化を次の世代に

繋いでいくことを使命に精進していきます!

 

詳しくは、「革職」にてご紹介しています。

ハイブランド品を取り扱える職人育成の取り組みを

ご覧頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



バッグ修理・靴修理の革修復どっとコム
沢山のエルメスを修復しました。
〒910-0016 福井市大宮1丁目11-27 清水ビル3F
お問い合わせ先 0776-25-2027
info@kawasyuri.com

<< エルメスベアンの染め直し | シャネルお財布のメンテナンスをご依頼いただいたお客様より >>