バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。



革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ 革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ 革修理どっとコムへ診断申込み用紙


バッグ修理 バッグ修理

シャネル・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを修理致します。愛着のある鞄を蘇えらせます。


シャネルバック修理 エルメスバック修理 バーキンバック修理 ケリーバック修理 スタンダードバック修理
靴修理

グッチ、シャネル、フェラガモ、高級ブランドの大切な靴、ブーツを修理致します。クリーニングも承ります。


靴修理 ブーツ修理

部分ケア料金コース修理 バッグ部分修理

ルイヴィトン・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを部分修理致します。より大切に長く愛用できます。


バック、鞄部分修理 財布部分修理 靴部分修理 ブーツ部分修理


営業日カレンダー

はじめてご利用の方 特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー お問い合わせ
お問い合わせ
お客様の声 事例集

エルメス修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング シャネル修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング ルイヴィトン修復事例
グッチ修復事例 ボッテガヴェネタ修復事例 交換修理
ブ革ジャン修復事例 ブランド品の修復事例 お客様の声

シャネル染め直し

ブログを見て頂き有難うございます。

シャネルお財布の染め直しをご紹介します。

【before】

IMG_0572

【after】

IMG_0754

【before】

IMG_0573

【after】

IMG_0755

クレンジング(クリーニング)で表面の汚れを落とし

バインダー層(※1)に補色して艶感を調整します。

レザーの構成要素を守ることで、全体的に補色しても

ナチュラルに見栄えよく仕上がります。

【before】

IMG_0574

【after】

IMG_0756

内部のふた裏面など、レザー部分もメンテナンス可能です。

アクリル顔料(※2)で染めると、バインダー層の上に顔料が乗っかる感じで

レザーに馴染まないので、使用しないで置いておくと張り付いたり

硬化してひび割れが生じます。

革修復どっとコムでも、スタート時は使っていたこともありますが、

トラブルがでたため、約8年前から使用を辞めて、

レザーの製造工程で使用する顔料や染料、配合剤を用いて

染め直しを致しております。

【before】

IMG_0575

【after】

IMG_0757

コインケース内などキャンパス部分は、クレンジング(クリーニング)による

メンテナンスになります。

黒ずみなど、生地に劣化が無ければ、概ね見栄えよくメンテナンス可能です。

※劣化や完全に刷り込まれている場合、薄く残る場合がございます。

【before】

IMG_0577

【after】

IMG_0758

当店のメンテナンス方法と取り組みですが、

水に漬け込んだり、丸洗いするといったクリーニング屋さん的な

クリーニングではなく、お肌と同じ様に「クレンジング」の観点で、

色褪せや擦れ、浸透して落としきれないシミは、美容整形の観点で

研究を重ねてきました!

同じ商品でも状態は、軽い色褪せであったり、しっかり色褪せしていたり

変色など、それぞれに状態や元々の染め方も様々です。

バッグやお財布は、構造が複雑で、レザーだけでなく、

合成素材やキャンパス、内部に芯材が入っていたり、

ステッチの縫い方やコーティング加工など、

お打合せ項目が、多くなってしまう場合がございます。

クリーニングと言った一括りのご案内ができず、

状態や構造、素材により、何度かやりとりが必要になります。

一つ一つの状態に応じて適切な工程と仕上り感をご案内させて頂きます。

その後、お打合せの上、正式に受け賜わる流れになります。

 

※1バインダーとは

レザーが製品化される前の段階で、色付けをする際に、加工される

層になります。

なめしたレザー(※3)をそのまま製品化することが出来ないので、

色があるレザーには、柔らかいラムレザーから全てのレザーに

必ずある層になります。

バインダー層はレザーの表面を綺麗に整える役割と色付けに重要な層です。

部分的な浅い角擦れなどは、バインダー層が残っているので顔料と水で

綺麗になりますが、全体的に色褪せていたり焼けや変色がある場合、

バインダー層からメンテナンスして、レザーの表皮を整えることで、

レザーの質感や風合いを再現できます。

 

※2アクリル顔料とは

顔料は着色を目的として、幅広く使われている塗料の元になります。

その名の通り、アクリルに顔料を配合した塗料になりますが、

多く使われているのが、皆さんご存知の絵の具になります。

アクリル顔料は、クリーム状なので色合わせなど水で

薄まるので使いやすい利点はあるのですが、レザーには不向きです。

顔料で補色する場合、バインダーに馴染ませる必要があります。

アクリル顔料は、バインダーに馴染まないので、

バインダーに上塗りした感じになります。

バインダーに密着していないので、浮いた状態になり

ひび割れが生じたり、濃度が濃いと硬くなるので折り曲げると

塗装面が直ぐに割れてしまいます。

お財布の内側など重ねておくと、張り付いてしまいます。

アクリル顔料の画像です。

クリーム状になっています。

IMG_4752

※3なめしたレザー

嫌な話になりますが、動物から剥いだ状態の革には、

体毛などの付着物があります。

なめすとは、簡単に言うとクリーニングして

付着物を取り除く工程になります。

その後、バインダー層を加工して、着色や染めを施し、

艶感を調整して色止めをして製品化され、

バッグや財布になります。

 




<< コーチ染め直し | ルイヴィトン染め直し >>