fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

ボッテガヴェネタ染め直し 黒ずみと色褪せ

ブログを見て頂きまして誠に有難うございます。

経年により色褪せと黒ずんだ状態です。

全体的にクレンジング(クリーニング)を施しますが、

お客さまから、

「クリーニングは、財布を洗ってしまうのでしょうか?」

とご質問を頂くケースが、とても増えています。

ご質問に対しまして、

「バッグや財布は丸洗いしたり、溜めた溶液や水の中に漬け込む

 リスクを伴う工程は、一切致しておりません」

とお返事をさせて頂いております。

高価なお品物や想い入れのたくさん詰まったバッグを取り扱う上で

リスクを伴う工程は、全て外してきました。

「清潔に少しでも見栄えを良くするメンテナンス」

を心掛けて大切にお預かりさせて頂いております。

【before】

IMG_0016

【after】

IMG_0190

【before】

IMG_0017

【after】

IMG_0191

内側面も染め直し可能です。

キャンパス生地や合成皮革素材はクレンジングにてメンテナンスさせて頂きます。

【before】

IMG_0019

【after】

IMG_0192

ふち周りの革と革の併せを隠すコーティングをバニッシュと言います。

ひび割れなどある場合、メンテナンスすることで、見栄えが良くなります。

ファスナー引手部分は、制作交換させて頂きました。

【before】

IMG_0021

【after】

IMG_0194

 

当店のメンテナンス方法と取り組みですが、

水に漬け込んだり、丸洗いするといったクリーニングではなく

お肌と同じ様に「クレンジング」の観点でメンテナンス、

色褪せや擦れ、浸透して落としきれないシミは、美容整形の観点で

研究を重ねてきました!

同じ商品でも状態は、それぞれに違います。

バッグやお財布は、構造が複雑で、レザーだけでなく、

合成素材やキャンパス、内部に芯材が入っていたり、

ステッチの縫い方やコーティング加工など、

お打合せ項目が、多くなってしまう場合がございます。

 

クリーニングと言った一括りのご案内ができず、

状態や構造、素材により、何度かやりとりが必要になります。

 

一つ一つの状態に応じて適切な工程と仕上り感をご案内させて頂きます。

その後、ご納得頂いた上で、正式に受け賜わる流れになります。




<< ルイヴィトン染め直し | グッチパンプス修理・ハーフソール保護カカトのゴム交換 >>