fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

エルメスクリーニングと染め直し【専門業者の見極め方法】

ブログを見て頂き有難うございます。

エルメスケリーのメンテナンスを

ご紹介します。

 

IMG_3737

 

局部的な色褪せや擦り傷、ふち周りこげ茶部分を

バニッシュと言いますが、バニッシュの剥離、

ハンドルにレザーの破れ、黒ずみなど

使用感がある状態です。

 

全体的にクリーニングの後、

傷の形成と補色、艶感を調整することで、

概ね見栄えよくメンテナンス可能です。

 

IMG_3790

 

ご自身で使い込まれ、傷や擦れを『個性』として

受け入れるには、少し劣化が進んだ状態かと思います。

 

このような状態になりますと、エルメス正規店で

お磨きやクレンジングを施しても

見栄え的にはご満足いただける仕上がりに

ならない可能性が高いですが・・・

 

 

先ずはエルメスでご相談をお勧めします。

無料でお見積をして下さるので、

どの位、綺麗になりそうか伺ってみてはと思います。

 

あまり綺麗にならないお返事でしたら

正規店以外でのメンテナンスをご検討いただけたら

と存じます。

 

 

【before】

 

IMG_3741

 

レザー特有の焼けや濃淡をいかし、

ナチュラルに見栄えが良くなるよう、

染め直しを致します。

 

【after】

 

IMG_3794

 

バニッシュのメンテナンスです。

解れたステッチを部分的に補強して加工します。

 

【before】

 

IMG_3742

 

バニッシュの再加工を致しました。

ステッチで緩みを引き締め

割れ目は、下地剤で処理して

加工致します。

 

【after】

 

IMG_3795

 

内部の染め直しも可能です。

エルメスの刻印もそのまま残せます。

 

【before】

 

IMG_3740

 

【after】

 

IMG_3793

 

 

エルメスは、高級品で、柔らかいレザーが

多く使われております。

使用する顔料や染料で仕上りに大きな

差が出てしまいます。

 

before/afterの画像では質感まで

判断が出来ません。

 

エルメスのメンテナンスを依頼される

修理店の見極め方法で

簡単な質問で判断できる方法がございます。

 

エルメスは、内部も全て本革で作られていますので、

内側の補色や染め直しが可能か聞いてください!

 

出来ないと言われたり、問題が出る可能性があると

言われた場合、絵具と同じアクリル顔料を

使用している可能性が高いため、

エルメスなど高価なお品物に使用するのは

長い目で考えると、勿体ないことになります。

 

 

レザーの基本構造

 

レザーの断層を拡大したイメージです。

 

バインダー層が完全に剥離して

いない擦れや傷は、アクリルカラーでも

問題が出にくいです。

 

 

当たり前ですが、購入した財布やバッグが、

使用中に内部が、張り付くこと、ありませんよね!

 

難しい事ではなく、レザーの構成要素を守って

ケアすれば、問題ないのです!

 

しかしながら、構成要素を守ってケアするには

換気など、設備が必要になるため、街中の小さな

お店では、現実的に難しく、手ごろで簡単に

誰でもできるアクリルを使用している所が

多くなっているのです。

 

 

エルメスのレザー品をメンテナンス

と思ったら、まずは正規店、

その後、使用する顔料を確認する上で

内部の染め直しが可能か聞いてみて

ご判断いただけたらと存じます。

 

 

 




<< Timberland(ティンバーランド)靴底剝がれ修理 | シャネル染め直し キャビアライン >>