PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

ルイヴィトン、シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料診断 メールはこちら
現物診断 電話はこちら

営業日カレンダー

Social

簡単!無料診断

お問い合わせ
シャネル財布しみ抜き

ブログをご覧頂き有難うございます。

シャネル・キャビアラインお財布のメンテナンスをご紹介させていただきます。

 

黒ずんだ状態でしたが、レザーの銀面に浸透したシミを抜き取ると、銀面のバインダー層の色も抜けるので、しみ抜き後、補色が必要になります。

 

【before】

【after】

 

良く勘違いされるのが、しみ抜きでキレイになると思ってお問い合わせいただく方です。

 

レザーは、繊維と違うので、しみ抜きをすると色少なからず一緒に抜けてしまいます。

※繊維も素材によって色が抜けます。

 

しみ抜き後、元の色に合わせて補色して艶調整を施す工程が、革修復どっとコムの推奨する技術です。

 

【before】

【after】

 

一昔前は、そのような技術が一般的に公開されていなかったので、大半の業者さんは、アドカラーなどアクリルを使って塗装していました。

角部分はエンボスが無くなっていたため、痕が残りました。

 

メンテナンスする上で、エンボス加工を施す手もあるのですが、密着が悪いことと、熱を使うため、革が収縮してしまうことがあるので、ご提案いたしておりません。

※これからの課題の一つですが、ある程度、条件が整う場合、ご提案させていただいております。

 

【before】

【after】

 

 

 

 




<< ルイヴィトン革巻きボタンの交換をご依頼いただいたお客様より | ジルサンダーバレエシューズ・レザーソールにハーフラバーを貼り付け保護 >>