PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

夏期休業のお知らせ

エルメスバーキンのメンテナンス

ブログをご覧頂き有難うございます。

バーキンのメンテナンスをご紹介させていただきます。

 

【before】

【after】

 

黒ずみや汚れをクレンジングである程度、

キレイにしてから、必要に応じた補色と色止めの

役割がある艶感の調整を施すメンテナンスになります。

 

レザー専門店だからできるメンテナンス方法になります。

 

【before】

【after】

 

シュリンクレザーのエンボス感を

損なわないよう、レザーに馴染ませて補色致します。

 

【before】

【after】

 

続いてハンドル部分のメンテナンスです。

ハンドル部分は手垢な皮脂が浸透してしていました。

 

レザーに馴染ませるうえで、しっかり抜き取る必要があります。

 

【before】

【after】

 

刻印もそのまま残すことが可能ですが、

消えた状態の場合、書くことができないため

予めご了承いただきたく存じます。

 

【before】

【after】

 

背面は擦れるので、正面より

状態が悪いケースもございますが

見栄えよく仕上がります。

 

バーキンは、内部も本革で革と革の合わせを隠す

コーテイングがひび割れてきます。

 

再加工も可能ですが、ひび割れる部分は

下地がそれなりに弱っているため、

コーティングの厚みを同じように

出せない場合がございます。

 

【before】

【after】

 

フラップの併せ部分はテカリが出ていたので、

艶調整をさせていただきました。

 

【before】

【after】

 

内部も表面同様、見栄えよく

仕上がります。

 

どのような状態でも、一度、お問い合わせください。

レザー専門で取り組んできた経験から

ご提案させていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 




<< コーチお財布のファスナー修理をご依頼いただいたお客様より | ルイヴィトンお財布:部分的な剥がれのメンテナンスをご依頼いただいたお客様より >>