PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら
エルメスベアンの黒ずみをクレンジングと染め直して、ふち周りの剥がれも修復!見栄えよく仕上がります!

ブログをご覧頂き有難うございます。

ベアンのメンテナンスをご紹介させていただきます。

 

経年による黒ずみです。

最初に黒ずみをクレンジングで抜き取り、

必要に応じて補色氏色止めの役割もある

艶調整を施すメンテナンスになります。

 

【before】

【after】

 

ベルト部分や折山のひび割れは

痕が残りますが、新しく開発した

「ヒビワレスキュー」で保護します。

 

そうすることで、今まで困難であった

ひび割れの修復が、ある程度、見栄えよく仕上がるようになりました。

 

ただ、切れた状態の場合は制作交換が必要になります。

 

【before】

【after】

 

表の革と内側の革の合わせを隠すコーティングも

再加工が可能です。

 

【before】

【after】

 

反対側です。

経年劣化により擦れが生じます。

 

解れが見られる場合、エルメスは手縫いで

補強いたしております。

 

【before】

【after】

 

コインケース内も本革なので

表面同様、メンテナンスが可能です。

 

 

【before】

【after】

 

DIYや販売を目的で、

アドカラーやサフィールを使う方がいらっやいますが

アクリルなので、財布の内側では、

使用しないようにしてください。

 

アクリルは、重なり合わせた状態にしておくと

張り付きます。

 

当店の方法は、レザーの製造方法と同じ

銀面を生成する方法なので、

内部も問題なくメンテナンスが可能です。

 

 

その他の事例はこちら

 

 

 




<< ルイヴィトンノマド財布の染め直しやバニッシュ加工のメンテナンスをご依頼いただいたお客様より | ボッテガヴェネタ財布の染め直し、バニッシュ加工のメンテナンスをご依頼いただいたお客様より >>