fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

オーストリッチレザーのメンテナンス

本日は、オーストリッチレザーのメンテナンスをご紹介します。

 

色合や使用されている染料や顔料、表面のなめし方で変わりますが、

オーストリッチは、経年変化で焼けが出て味が出てきます。

 

均一に綺麗に焼けが出てあめ色になれば良いのですが、

現実的に難しいです。

 

オーストリッチは、クィルマークとナチュラルなシワ感を損なわないよう

表面の加工を見極め、経年変化で焼けた味も考慮しながら、色合いを調整します。

 

クレンジングとシミヌキで、概ね綺麗になったため、色味を変えずに、

メンテナンスが出来ましたが、シミが濃く深く浸透している場合は、

エイジング的に少し色合いを濃い目にする場合がございます。

 

お打ち合わせの上、メンテナンスの方向性を決めさせていただいております。

 

before/after(画像をクリックすると拡大して見やすくなります)

IMG_0651[2] IMG_0650[1]

IMG_0642[1] IMG_0649[1]

IMG_0644[1] IMG_0646[1]

IMG_0645[1] IMG_0647[1]

 

このように、オーストリッチも違和感無くメンテナンス可能です。

 

 

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと

 




<< ルイヴィトン染め直し | 愛着のあるものでしたから >>