fbpx

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

エルメス バーキンの擦り傷

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

全体的に擦れや色褪せが見られます。

 

before/after(画像をクリックすると拡大して見やすくなります)

 

IMG_8197 IMG_8241

 

ベルトの裏など、状態が良く残っている所に合せ、補色を施します。

 

IMG_8198 IMG_8242

 

特に背面は擦れる為、色褪せが激しいですが、このように、

概ね見栄え良く修復可能になります。

 

IMG_8201  IMG_8244

IMG_8200 IMG_8243

 

型押しやシワなど凹凸のあるレザーの事をシボと言います。

シボの凹凸が擦れて無くなっている場合、若干、痕が残る場合が

ございますが、最善を尽くし目立たなくなるようさせて頂いております。

シボのあるレザーをシュリンクレザーとも言います。

IMG_8196 IMG_8238

フタの裏面や内部など重なり合う部分につきましても、

レザー製造工程と同じ方法で補色するため、

問題なくメンテナンス可能です。

エルメスは、レザーの製造工程(銀層を作る加工)を

熟知した専属の女性修復師が全体的なバランスや雰囲気を

意識してメンテナンス致しております。

 

 

 




<< エルメス・ベアンのメンテナンス | レザーシューズのメンテナンス >>