fbpx

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

エルメスバーキンのメンテナンス ハンドル製作交換と色褪せ

ブログをご覧頂きまして有難うございます。

バーキンのメンテナンスをご紹介させて頂きます。

 

最初にハンドル部分の製作交換です。

外したハンドルを並べました。

 

エルメスの場合、

シボが似たレザーは入手できるのですが、

同じ色のレザーは、まず入手が不可能です。

 

製作する前に、本体に合わせて

色合いを合わせてから、

製作交換を致しております。

 

o1080076614772789208

 

正規品に比べ、100%同じではありませんが、

交換した感が残らない範囲とお考えの上、

ご検討頂きたく存じます。

 

続いて角擦れです。

表面が無くなった状態でしたが、

こちらも、見栄えよく仕上がりました!

 

【before】

o1080082714772789212

【after】

o1080078514772789214

 

エンボスが無くなっている場合、

少しつるっとした感が出ますが、

気にならない範囲かと思います。

 

エルメスのシュリンクタイプのレザーは

マット目の仕上げが、ナチュラルに仕上がります!

 

【before】

o1080082814772789216

【after】

o1080082814772789218

 

バッグの角擦れは車で例えるなら

傷が付いた状態で、使用しているのと同じで

高級なほど、注目度も高くなるので、

シボが擦り減る前のメンテナンスが

仕上り感として、理想かと思います。

 

【before】

o1080080014772789222

【after】

o1080080114772789225

 

エルメスクリーニング 染め直し

 

革修復どっとコムのメンテナンス方法と取り組み

 




<< シャネルチェーンバッグの擦れ | ボッテガヴェネタ染め直し >>