fbpx

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら
お客様の声 事例集

エルメス修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング シャネル修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング ルイヴィトン修復事例
グッチ修復事例 ボッテガヴェネタ修復事例 交換修理
革ジャン修復事例 ブランド品の修復事例 お客様の声

エルメス染め直し

ブログをご覧頂き有難うございます。

ドゴンのメンテナンスを

ご紹介させて頂きます。

 

 

きれいな色合いですが、

シミが浸透した状態でした。

 

色褪せも見られます。

 

【before】

写真 2019-11-15 15 04 31

【after】

写真 2019-11-16 11 21 53

 

シミが付いたら、まずお願いしたことは、

絶対、擦らないでください。

 

擦ると革シボのエンボスが

無くなり、補色すると、つるっとした

感が出てしまいます。

 

アルコールや除光液で拭いても

レザーはシミが浸透するので

色が抜けるだけで、余計に酷くなります。

 

どちらかと言うと、手を加えていない方が

見栄えよく修復が可能です!

 

【before】

写真 2019-11-15 15 04 48

【after】

写真 2019-11-16 11 22 08

 

ドゴンは、内部も全て本革仕様です。

表面同様のメンテナンスが可能です。

 

コインケース内の黒ずみは、

キャンパスや合成皮革の場合、

残るケースがあるのですが、

本革なので見栄えよく修復が可能です!

 

 

先日のYahoo!ニュースで、

ジャイアンツの原監督と阿部新監督に

帝王学を教える記事がありましたが、

物申すとき、「ひと呼吸してから」

 

さすが名将!

判り易い例え!

 

職場も同じだぁ~と思いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




<< チャーチオペラシューズ修理・ソールの事前保護 | シャネル染め直し >>