fbpx

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

シャネルクリーニング シャネル色褪せ シャネル角擦れ

シャネル修復をカラフルにご紹介させていただきます!

 

レザーの構造です。

 

①レザー

②着色された層

③艶感を調整した層

 

大きく別けますと、上記のような構造になっております。

 

クレンジングで表面の汚れを落とし、落としきれないシミをできる範囲で

 

抜き取り、必要に応じて補色を施します。

 

その後、艶感を調整して完了となります。

 

シャネルは、クリームによるメンテナンスは、余り、お勧めできません。

 

当店は、革の製造工場と同じ、加脂剤を使用しておりますので、

 

クリームとは違う、しっとり感と言いますか、滑り感と言いますか、

 

クリームでは出せない質感に仕上がります。

 

 

シャネルクリーニング.jpg シャネル色褪せ.jpg

 

 

CHANELクリーニング.jpg シャネルクリーニング.jpg

 

画像をクリックすると拡大します!

 

シャネル角擦れ.jpg シャネル色褪せ.jpg

 

シャネルクリーニング.jpg シャネル色褪せ.jpg

 

続きまして、カラーチェンジです。

 

カラーチェンジの方法ですが、現状の上にそのまま、色を乗せる方法ですと、

 

ご使用において、擦れたりしますと、元の色が出て、不自然になりますので、

 

ご使用のことも、考えナチュラル感を重視した方法となります。

 

※状態や現状の色合い、ご希望の色合いによって、不自然な仕上りになる

 

可能性が高い場合、ご相談の上、色合いを決めさせていただいております。

 

 

シャネルカラーチェンジ.jpg シャネルクリーニング.jpg

 

 

シャネル染め替え.jpg シャネル染め直し.jpg

 

当店は、皮革生産工場と同じ方法で着色補正を施しておりますので、

 

お財布の重なり合う内側面も、問題なく修復可能です。

 

クリーム系のアクリル(絵の具)で着色しますと、重なり合う面が、張り付いて

 

捲れるなど問題が生じます。

 

専門店をお選びいただく際の見分け方として、

 

質問されると判断基準になるかと存じます。

 

内側面も可能な場合は、レザーの構造など、きちっと

 

理解されている可能性が高く、安心できるかと思います。!

 

銀面が残った状態の色褪せ程度であれば、アクリル系を

 

水やアルコールで薄めて使用してると思いますので、

 

専門店じゃなくても問題ないかと!

 

絵の具を水で薄めた液で塗るとイメージして頂くと判り易いかと思います!

 

水で薄めるので、水は革に浸透します。

 

※この方法で染色補正と言われている業者さんもいます。

 

スムースレザーは、着色補正が正しい方法です!

 

アクリル系は、きちんと着色させる事ができないため、

 

銀面が無くなった傷、淡い色合いに濃く浸透したシミ、

 

お財布の内側面が対応できない理由となります。

 

質感もアクリルなので硬くなるため、

 

保湿クリームを馴染ませてごまかします。

 

シャネルクリーニング.jpg シャネル色褪せ.jpg

 

このように、シャネルも復活できます!

 

艶感につきましては、新調感をあまりだしたくないときは、マットがお勧めです。

 

ご希望がございましたら、対応させていただきます。

 

診断・お見積もりは無料です。

 

お気軽にお問合せ下さい!




<< 革修復どっとコムのご紹介! | バッグ修理 根革交換 ヌメ革交換 >>