fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

エルメス染め直し

ブログを見て頂きまして有難うございます。

ベアンのメンテナンスをご紹介させて

頂きます。

 

縫い目でレザーが裂けた状態でした。

裂け目が縫い目に重なるため、

痕を残さず形成が出来ました!

 

IMG_6042

 

裂け目や傷がある場合、クレンジング、

補色前に形成を施します。

 

形成して違和感が残りそうな傷は、

無理をしないで出来る範囲での

対応となります。

 

形成後、全体的に補色して、

艶感を調整します。

 

【before】

IMG_6036

【after】

IMG_6037

 

画像を拡大して見て頂くと、

お解りかと存じますが、

極端に色あせした部分やシミなど

透けた感じで薄く残ります。

 

これを無理に隠すと、革シボの溝が

無くなります。

 

顔料の濃度が濃すぎると、

後に割れが生じてくるため、

ご使用いただくことも考え、

見た目とナチュラル感のバランスを

見ながら、メンテナンスをさせて頂いております。

 

【before】

IMG_6038

【after】

IMG_6039

 

ふち周りのコーティングの

再加工を施しますと、見た目が

引き締まります!

 

お財布やバッグに使用される

コーティングは、コバ剤として、

何社かの加工剤を使ってみましたが、

どれも納得が出来る仕上がりにならないので、

加工剤を作るプロに特注で配合して頂いております。

 

何度も何度も微調整を繰り返して頂き、

コバ剤も、精度が上がってきました!

 

どんなに腕が良くても、加工剤が良くないと、

ダメですね!

逆に加工剤が良くでも、腕が悪いのも同じです。

 

修復品の完成度を計算で例えるなら、

足し算的な面もありますが、

基本、掛け算だと思います!

 

一人がどんどん、足して大きくしても、

一人が、マイナスだと、

全てマイナスになるみたいな感じです。

 

お互いを尊重し、理解し合うことで、

完成度やスキルが掛け算のように

上がってくるのではと思います!

 

【before】

IMG_6040

【after】

IMG_6041

 

エルメスバッグ・財布の革修復

 




<< クリスチャンルブタン紳士靴修理・ソールの事前保護 | エルメス染め変え クロコダイル >>