fbpx


PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら

事例一覧

バッグ内側(内装)の張替え交換

日本国内は、どうも湿度が多いようで、合成皮革素材が

 

べたついた状態になってしまうようです。

 

指で軽く触って、付着物が無ければ、合成皮革の表面に皮膜を作り、

 

ベタツキを抑えることができますが、付着物が付いたり、生地が剥れていたり

 

浮いた状態ですと、生地の交換が必要です。

 

バッグなど形になったお品物を解体(オーバーホール)して、劣化した生地を交換して

 

元に戻す工程となりますが、状態によっては、縫製を解いた際に、元に戻せなくなる可能性や

 

縫製を解いたことで、ボロボロになる可能性も考えられます。

 

状態に応じて、必要最小限で解体し再縫製する技術は、長年に渡り培った職人さんじゃないと、

 

任せることができません。

 

素晴らしい職人さんの共通点は、色々なことに手を出さず、その道一筋って思います!

 

画像をクリックして拡大してね!

 

バッグリペア.jpg

 

 

バッグ修理.jpg

 

 

内装交換.jpg

 

 

内側張替え.jpg




<< シャネルのクリーニング べたつき修理 | 特殊素材の修復 >>