PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

ルイヴィトン、シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料診断 メールはこちら
現物診断 電話はこちら

臨時休業のお知らせ

営業日カレンダー

Social

簡単!無料診断

お問い合わせ
お客様の声

自信の修復事例

REPAIR CASE

  • 革修復お客様の声
ルイヴィトン修理  ショルダーやハンドルと本体のつなぎ目部分を根革と言います。接続部分が切れた時のご提案!

ブログをご覧頂き有難うございます。

 

ルイヴィトンの根革交換修理を

 

ご紹介させていただきます。

 

ショルダーやハンドルと本体の接続部分は、

 

『根革』と言います。

 

 

負荷が掛かりやすく切れやすい部分になります。

 

 

モノグラムやダミエシリーズの素材は『トアル地』

 

といいまして、『ルイヴィトンオリジナル』

 

とても丈夫な素材で劣化しにくいですが、

 

パーツとして使用されているヌメ革

 

デリケートな革なので、トアル地より先に

 

劣化が始まります。

 

 

 

劣化した『根革』の切れた事例です。

 

DSC_0748

 

 

時系列で工程をご紹介します!

 

構造によりますが、「ジプシエール」

 

フラップから本体背面に「ふち革」

 

あるので、縫製を解いていきます。

 

 

ヌメ革は経年劣化で硬化してくるので、

 

負荷が掛かると、ひび割れや切れるが出るため、

 

慎重に縫い糸を解いていきます。

 

 

 

DSC_0749

 

経年劣化でモノグラムや内部の素材が

 

弱っている場合もあるので、劣化が見られる場合、

 

何らかの補強が必要な場合がございますが、

 

『ふち革』を上から縫い付けるので、

 

補強してもその部分を隠すことができるので、

 

違和感なく仕上げることが可能です!

 

 

途中経過を見ると、ボロボロのバッグのように

 

見えますが、再縫製で生まれ変わります。

 

 

DSC_0750

 

 

使用するヌメ革は、交換しても

 

バランスがとれるよう、エイジングしたヌメ革

 

使用して、取り外した「根革」の形状にカットします。

 

ここから、縫い目の穴、ラインを入れコバ加工をして

 

『ルイヴィトンらしく』仕上げていきます。

 

 

DSC_0751

 

 

縫い穴とふち周りのラインを入れ、

 

元のハンドルやショルダーに取付します

 

 

DSC_0768

 

 

ステッチが無いと少しさみしい感じですが、

 

形になってきました!

 

 

DSC_0769

 

 

 

専用のミシンを用いて手縫い感覚で、

 

『一針一針』丁寧に縫い付けていきます。

 

 

 

DSC_0770

 

 

この後、リベットを取付します。

 

取り外したルイヴィトンのロゴがあるリベットは、

 

接続部分を加工することで、再利用が可能です。

 

しかしながら、再利用をご希望の場合、

 

別途費用が掛かります。

 

 

こだわりが無ければ、ロゴの無い類似のリベットを

 

取付させていただいておりますので、

 

ご予算に応じてお選びいただけたらと思います!

 

 

 

DSC_0771

 

 

ご紹介の「ジプシエール」は、

 

ロゴは気にならないとのことで、

 

類似の刻印の無い、リベットを打ち込みます。

 

 

DSC_0772 DSC_0773

 

 

刻印を再利用した「アマゾン」の事例です。

 

 

 

 

 

最後に取り外したふち周りのヌメ革

 

元の針穴に併せ再縫製していきます。

 

古くなったヌメ革は、脆くなっているので

 

ボロボロにならないよう、慎重に再縫製していきます。

※ジプシエールは、劣化状態によりふち革の交換も必要になるケースがございます。

 

 

DSC_0775

DSC_0776

 

 

ルイヴィトンのヌメ革は、新品の時は、

 

白に近いアイボリー系の色をしています。

 

部分交換の場合、白っぽいヌメ革で交換すると

 

交換した部分が浮いてしまい、

 

不自然な仕上がりになります。

 

 

エイジングしたヌメ革を使用しているので、

 

部分交換でも違和感が出にくいと思います。

 

 

※全体の焼け具合により多少の差は出ますが、

 

ヌメ革は経年変化するので、馴染んできます。

 

 

DSC_0777

 

 

その他のシリーズ事例です。

 

 

 

 

『その他、シリーズの根革交換事例』

 

ルイヴィトンらしさを損なわないよう、

 

いかにも交換した仕上りにならないよう、

 

最善を尽くしております。

 

 

買取店で値が付かなかったブランド品を

ブランドエージェンシーが買取店より

高値で委託販売いたします!

 

 

 

職人育成への取り組み

 

 

 

 

 

 

 



バッグ修理・靴修理の革修復どっとコム
沢山のエルメスを修復しました。
〒910-0016 福井市大宮1丁目11-27 清水ビル3F
お問い合わせ先 0776-25-2027
info@kawasyuri.com

<< ロエベ染め直し  メタリックカラー(シルバー)の色褪せシミ | フェンディ染め直し >>