バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。




革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ 革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ 革修理どっとコムへ診断申込み用紙


バッグ修理 バッグ修理

シャネル・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを修理致します。愛着のある鞄を蘇えらせます。


シャネルバック修理 エルメスバック修理 バーキンバック修理 ケリーバック修理 スタンダードバック修理
靴修理

グッチ、シャネル、フェラガモ、高級ブランドの大切な靴、ブーツを修理致します。クリーニングも承ります。


靴修理 ブーツ修理

部分ケア料金コース修理 バッグ部分修理

ルイヴィトン・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを部分修理致します。より大切に長く愛用できます。


バック、鞄部分修理 財布部分修理 靴部分修理 ブーツ部分修理


営業日カレンダー

はじめてご利用の方 特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー お問い合わせ
お問い合わせ
お客様の声 事例集

エルメス修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング シャネル修復事例 染め直し、角擦れ、クリーニング ルイヴィトン修復事例
交換修理 ブランド品の修復事例 お客様の声

修復を検討中の方必見!

今まで、沢山の修復を行ってきましたが、予想以上に難しい修復で

 

手間が掛かる場合や、難しいと思いきや意外と簡単に出来てしまう事など

 

レザーは全て状態が違う為、思うようにいかない事の方が多くございます。

 

様々なケースがございますが、修復する上で、3つのルールがあります。

 

①現状より悪くなる可能性がある事は一切しない。

 

②ナチュラルに自然に仕上げる

 

③色合い

 

当たり前と言えば、当たり前なんですが、とても大切な項目になります。

 

上記を踏まえながら、修復を進めております。

 

自分で言うのもなんですが、①があるから、とても安心して修復を進めることが

 

出来ます。

 

中には、数百万のバッグから、数十万のお財布まで、高価なお品物や

 

遺品やプレゼント品を預かる上で、もし自分が安心できない事を進めていたら、

 

お客様はもっと不安になるとの考え方から、絶対に①はもっとも大切なルール

 

となります。

 

②のナチュラルに仕上げる

 

これは、これまでも今からも追求していくべき課題です。

 

知識、研究は欠かさず積み重ねてきたこと、

 

今まで沢山の経験を積ませて頂いたお客様のお陰で、深いキズや浸透したシミも

 

最初の状態より、かなり見栄えよく修復できるようになってきました。

 

修復師も着実に、一人一人、育ってきております。

 

我が社の財産です。

 

わたしから、駄目だしされて、何度も何度もやり直しをして、時には激論バトルを

 

勃発したり・・・

 

しかし、少しでも良く仕上げたいからのバトルなので、わたしは良しとしています。

 

ちょっと話しはそれましたが、深い傷や浸透したシミを、レザーの質感を

 

残しながらナチュラルに、いかに目立たなくするか!

 

毎日、毎日、試行錯誤を繰り返しております。

 

一つ一つ、素材、色、状態が違う為、マニュアルが無く、感覚と配合した後の

 

質感など、テストの上で修復を進めていきます。

 

配合と工程が、ぴったりはまると、あとはスムーズに進みます。

 

③の色合いは、オリジナルの色合いを変えないよう染料や顔料を組み合わせて

 

色調を致しております。

 

最初に見た目で同じ色合いを作ります。

 

見た目で色を作るまでは、とても簡単で誰にでも出来ます。

 

見た目で同じ色の染料を、レザーに染料を添付して乾かしてみると、

 

全く違う色合いに変化します。

 

添付した量や浸透率が要因になります。

 

そこから、微調整を繰り返し、色合いを合せます。

 

銀面の残った軽い擦れ程度のキズですと、染料が浸透しないため、

 

比較的簡単に色調が可能ですが、修復範囲が広いと浸透する場所や

 

浸透しない場所があり、染料だけでは、仕上りにムラが出てしまいます。

 

そこで必要な工程が、銀面を作る事になります。

 

当店は、皮革製造工場から、仕上げ剤や配合剤を入手して

 

銀面を作る技術を習得しておりますが、

 

レザーの状態が悪いほど、銀面を作る技術が役立っております。

 

実際に皆さんが見ているのはレザーそのものではなく、銀面を見ています。

 

銀面はレザーを隠し、見栄えを良くすることが目的です。

 

レザーの保護としての役割もございます。

 

お化粧と同じ役割とお考え頂くと判り易いかと存じます。

 

新たに銀面を作る事で、レザー保護の強化にも繋がります。

 

※アニリンカーフやヌメ革は銀面は、構造が違います。

 

銀面を新たに作る技術を習得した事で、様々な修復が可能になりました!

 

お客様のお品物をお預かりさせていただく際、

 

新品のようにして欲しいと、ご要望を頂く事がございます。

 

そのとき、お伝えする事は、新品のように仕上げる事は出来ません。

 

現状より良くするメンテナンスとしてお考えくださいと

 

お伝えしておりますが、沢山のお客様から、

 

「新品のようになりました!」

 

と喜びのお声を頂いております。

 

お客様の声はこちらから

 

それでも、新品のようになるとは、今でも申し上げておりません。

 

 

残念ながら、新品のようにする魔法はございません。

 

 

これから、長く大切にお使いいただく上で、少しでもお役に立てればと

 

願ってお仕事を受け賜っております。

 

 

(画像をクリックすると拡大します!)

 

o0756113613647815667[1].jpg o0756113613647824913[1].jpg o0756113613650213534[1].jpg

 

 

o0756113613654598502[1].jpg o0756113613654615075[1].jpg o0756113613654625542[1].jpg

 

 

o0756113613657960048[1].jpg o0756113613658005875[1].jpg o0756113613658009918[1].jpg

 

 

o0756113613658373492[1].jpg o0756113613659680145[1].jpg o0756113613660574541[1].jpg

 

 

o0756113613660578035[1].jpg o0756113613660581993[1].jpg o0756113613663325663[1].jpg

 

 

o0756113613663329707[1].jpg o0756113613665016968[1].jpg o0756113613665157011[1].jpg

 

 

o0756113613665158139[1].jpg o0756113613666917887[1].jpg o0756113613667696735[1].jpg

 

 

o0756113613668531933[1].jpg o0756113613669325870[1].jpg o0756113613669329203[1].jpg

 

 

o0756113613669345432[1].jpg o0756113613669351276[1].jpg o0756113613669355343[1].jpg

 

 

o0756113613671048242[1].jpg o0756113613672149695[1].jpg o0756113613672150373[1].jpg

 

 

o0756113613672154231[1].jpg o0756113613672327513[1].jpg o0756113613673676865[1].jpg

 

 

o0756113613673689915[1].jpg o0756113613674395196[1].jpg o0756113613674411052[1].jpg

 

 

o0756113613675202770[1].jpg o0756113613675241327[1].jpg o0756113613676847808[1].jpg

 

 

o0756113613677763218[1].jpg o0756113613681006128[1].jpg o0756113613681007300[1].jpg

 

 

 

o0756113613684437668[1].jpg o0756113613684502138[1].jpg o0756113613685106487[1].jpg

 

 

o0800080013662979453[1].jpg o0800080013666035559[1].jpg o0800080013667713295[1].jpg

 

 

o0800080013667740062[1].jpg o0800080013668533851[1].jpg o0800080013669331101[1].jpg

 

 

o0800080013669356623[1].jpg o0800080013670242008[1].jpg o0800080013670292909[1].jpg

 

 

o0800080013670580731[1].jpg o0800080013671998620[1].jpg o0800080013672763151[1].jpg

 

 

o0800080013674398043[1].jpg o0800080013674401255[1].jpg o0800080013676852344[1].jpg

 

 

o0800080013677324702[1].jpg o0800080013682691777[1].jpg o0800080013684330887[1].jpg

 

 

o0800080013685107110[1].jpg o0800120013665001978[1].jpg o0800120013671997676[1].jpg




<< 今度は大切に使いたいと思います。 | 一人で歓声をあげてしまいました。 >>