2020.04.17

シミ抜きを依頼して本当にキレイになるの?シミ抜きが難しい場合の事例をご紹介

革修復どっとコムでは、
ほとんどのシミや色移りに対応することができます。

しかし、中にはシミ抜きの作業を行っても
キレイになるかわからないといったケースもあります。

そういったケースでは、
お客様へ了承をいただき、テストを行ってから、
修復が可能かどうか判断させていただく場合がございます。

なぜ、染み抜きのテストを行うのか?

シミ抜きのテストを行う理由は、染み抜きを行うと、
現状よりも状態が悪化してしまうケースがあるためです。

例えば、シミが落ちず周りの色が抜けてしまう、
シミ抜き剤によって変色してしまう、
十分にシミが抜けず周りの色から余計に浮いてしまうなどのケースがあります。

こういったケースがあるため、
いきなりお品物のシミ抜きを行ってしまうと、
取り返しのつかない状態にしてしまうことになりかねないためです。

そのため、革修復どっとコムでは、
染み抜き後の仕上がりに不安がある場合は、
お客様に了承をいただき、テストを行い、
テストの結果、仕上がり感を一度お客様とご相談させていただき、
お客様からご了承を頂いてから、染み抜きの作業をするかしないかを判断しています。

シミ抜きのご相談は革修復どっとコムへ

シミ抜きのテストはどうやって行うの?

シミ抜きのテストを行う際には、
お客様のご了承を頂き、目立たない位置で
テストを行わさせていただいています。

お客様からご了承を頂けない場合は、
私たちの判断でテストや修復を行うわけにはいかないので、
テストや修復を行わず、お預かりしたお品物は、
お客様へ返送させていただいています。

どんなケースがシミ抜きのテストが必要?

シミ抜きのテストが必要なケースは、
いくつかあり、こちらの記事ですべてお伝えするのは難しいのですが、
実際にお客様からお送りいただいたお品物を確認させていただき、
修復士がシミ抜きを行うと状態が悪化すると判断したお品物のみ、
染み抜きのテストが必要である旨をご説明させていただいています。

シミ抜きのテストが必要な場合の事例紹介

こちらのルイヴィトンは柄の部分にデニムの色が
擦れて色移りしてしまった状態です。

こういったケースの場合、柄部分の色移りのみを
シミ抜き剤でシミ抜きするのですが、
革事態に着色がされているので、レザーの色移りと一緒に、
革事態の色が抜けてしまうケースがあります。

【シミ抜き前の写真】

写真 2019-05-13 10 14 36

【シミ抜き後の写真】

写真 2019-05-14 15 31 42

こちらのバッグでもそういったケースが想定できましたので、
事前にお客様へ染み抜きのテストをさせていただく旨を説明させていただき、
ご了承を頂いた後に染み抜きのテストを行い、
仕上がり感についてご報告させていただき、
ご納得いただいたうえで全体の染み抜きをさせていただいています。

【シミ抜き前の写真(アップ)】

写真 2019-05-13 10 14 40

【シミ抜き後の写真(アップ)】

写真 2019-05-14 15 31 47

今回のケースではレザー部分に、
全く悪影響を与えず、綺麗染み抜きを行うことができました。

また、染み抜き剤が中にしみ込んで残ることもありません。

テストでは主にそういった点を慎重に調査しながら、染み抜きをさせて頂いています。

ルイヴィトンバッグ・財布の革修復

まとめ

革修復どっとコムではお客様に直してよかったと、
思っていただけるよう日々技術を磨いています。

しかし、それでも現行の技術では修復が難しいケースもあります。

仕上がり感に心配がある場合は、どんな小さな色移りやシミ、傷でも、
一度お客様へ相談させていただき、可能であればテストを実施させていただき、
仕上がり感をお客様へご報告させていただいています。

もし、この時点で仕上がり感にご納得いただけない場合は、
修復料金などはいただかず、お品物の往復の送料のみ頂戴しています。

お客様が納得をしない状態で、修復を行うようなことは一切していません。

そのため、他の修理店よりもやりとりの回数が多くなってしまうこともあります。

しかし、それは、お客様一人一人のお品物に真剣に向き合いたいという
革修復どっとコムの気持ちの表れでもあります。

もし、このシミとれるかなー、というものがあったり、
シミ抜きしたら周りの色まで抜けてしまいそうというものがあれば、
お気軽に革修復どっとコムへご相談ください。

難しそうな物はテストを行い、仕上がり感やシミの抜け具合などを
テストし、ご報告させていただきます。

シミ抜きのご相談は革修復どっとコムへ

consultation
consultation
Pagetop