PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

ルイヴィトン、シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料診断 メールはこちら
現物診断 電話はこちら

臨時休業及び夏期休業のお知らせ

営業日カレンダー

Social

簡単!無料診断

お問い合わせ
お客様の声

自信の修復事例

REPAIR CASE

  • 革修復お客様の声
ルイヴィトン修理  バッグ内部の合皮や布地の劣化は張替えをご提案

ブログをご覧頂き有難うございます。

 

先ほど、お財布の張替えをご紹介させて

 

頂きましたが、続いてバッグの事例を

 

ご紹介させていただきます。

 

 

アフターのみのご紹介となりますので、

 

内部がこのような感じで傷んで使えない場合に

 

ご検討いただけたらと思います。

 

 

【劣化した状態】

 

この状態は、合成皮革素材が保管中の高温多湿が

 

要因で、加水分解した状態です。

 

劣化した状態としては、もっとも多い状態になります。

 

 

 

【after】

 

廃盤になったリヴィエラは内部全て張替えになり

 

構造的にふち周りのコーティングを再加工する必要があります。

 

 

 

 

【after】

モノグラム ポルトドキュマン ヴォワヤージュは、

 

本体内部は本革で、ポケット内部が劣化します。

 

本体内部はそのままで、ポケット内部のみ張替えになります。

 

 

 

 

 

仕切り大判ポケット内は側面の張替えになります。

 

 

【after】

 

 

 

【after】

 

 

【after】

 

 

 

【after】

リュックの張替えです。

 

 

【after】

 

バッグの張替えで難易度が一番高い

パイロットケースの事例です。

 

 

 

 

 

 

フラップ上部に取り付けられている

ペンケース内部も張替えが可能です。

 

 

 

 

【after】

ポーチの事例になりますが、ふち周りの

 

再コーティングが必要になります。

 

 

 

 

 

 

【after】

 

 

 

ルイヴィトンは素材や形状がバラエティーです!

 

正式お見積もりは、現物診断後になるケースもございますが、

 

画像をお送りいただけましたら、

 

お見積もりが可能です。

 

 

革製品は、『100年もの』『一生もの』と言われています。

 

 

 

私たち『革修復どっとコム』は、一緒に人生を歩んでいく大切なバッグを『いつまでも大切に』お使いいただけるよう、『らしさと見栄え』のコンセプトで状態に応じて、ご提案が出来るよう、そしてご期待に添えるよう最善を尽くす『職人』を育成していきます。

 

 

 

私たち『革修復どっとコム』の職人育成に関しての取り組みです。

 

 

『個』で終わらない次へ繋げる『革製品のリペア職人集団』を目指して、ご依頼いただくお客様に安心していただけるリペア職人を育成していきます!

詳しくは、『革職』からご覧ください。

 

 

 

自分では手に負えなくなった・・・

 

正規店で断られてしまった・・・

 

染め変えを勧められた・・・

 

何らかのご提案が出来ると思います!

 

お気軽にお問合せください!

 

 

 

 

 

運営会社:フェニックス株式会社

 

 

MOTTAINAIの文化の伝え手として、
未来に豊かさを伝えていく。

 

 

 

『 革 職 』

 

 

 

 

 



バッグ修理・靴修理の革修復どっとコム
沢山のエルメスを修復しました。
〒910-0016 福井市大宮1丁目11-27 清水ビル3F
お問い合わせ先 0776-25-2027
info@kawasyuri.com

<< シャネル染め直し  色褪せと黒ずみのメンテナンス | ルイヴィトン修理  財布内部の張替え 合皮や布地の生地劣化、破れは交換をご提案 >>