PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料相談見積り メールはこちら
無料相談お見積り 電話はこちら
お客様の声

自信の修復事例

REPAIR CASE

  • 革修復お客様の声
ビルケンシュトック・サンダルのかかとのすり減り補修のご紹介

ブログを見て頂きありがとうございます。

 

ビルケンシュトック・サンダルのかかとのすり減り補修のご紹介です。

 

【before】

 

今回は、ビルケンシュトックのサンダルになります。

 

このタイプのビルケンのアウトソールは、スポンジ素材になってます。

柔らかい素材の為、すり減るのも早くなります。

 

 

 

今回は、斜めにすり減ったカカトの部分に、コーナー用の補修材を貼り付け元の厚みに戻す補修をさせて頂きました。

 

補修のタイミングは、アウトソールの土台になるコルク部分まで、すり減りが進行する前に修理して頂くのがベストになります。

 

コルク部分まですり減ると、元の厚みに戻らないだけではなく、コルク部分には、接着剤がつきにくく、隙間ができる場合もございますので、早めにメンテナンスするのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

今回貼り付けてるコーナー素材は、ゴム素材になっております。

スポンジ素材よりも耐久性が高くすり減りにくくなっております。

 

滑りにくい素材にもなりますので、滑りが気になる場合にもオススメです。

 

【after】



バッグ修理・靴修理の革修復どっとコム
沢山のエルメスを修復しました。
〒910-0016 福井市大宮1丁目11-27 清水ビル3F
お問い合わせ先 0776-25-2027
info@kawasyuri.com

<< サンローランお財布のメンテナンスをご依頼いただいたお客様より | レッドウィングベックマン・加水分解したソールをビブラムソールに交換 >>