PAGE TOP

バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

ルイヴィトン、シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。

無料診断 メールはこちら
現物診断 電話はこちら

GW休業のお知らせ

営業日カレンダー

Social

簡単!無料診断

お問い合わせ
お客様の声

自信の修復事例

REPAIR CASE

  • 革修復お客様の声
エルメスピコタンの角擦れ アクリル顔料で色を塗ると浸透しないため、経年劣化で画像のように割れが生じます。

ブログをご覧いただきまして誠に有難うございます。

 

エルメスピコタンの角擦れをご紹介します。

 

アクリル顔料で角擦れを塗装した状態でした。

 

良く見ていただくと、割れが生じている近辺に

 

テカリが出ている状態がアクリル顔料になります。

 

【before】

 

【after】

※光加減で少し暗く見えますが、同じ商品になります。

 

アクリル顔料は、本来、傷を埋めることが目的なので

上塗りには不向きとなります。

 

上塗りは、画像のように擦れではなく、

ひび割れが生じてきます。

 

オークション会場にアクリル顔料で塗装して

出品すると、鑑定者が塗り有りと表記します。

 

塗り有りになると価値が下がり、値が上がりにくくなります。

 

以下の動画は、アクリル顔料と液体顔料のテストです。

 

 

革修復どっとコムの修復士育成への取り組み

ワンガリーマータイさんが

日本の文化である「勿体ない」を

「MOTTAINAI」と提唱してくれました。

 

文化とは、効率ではなく手間暇が

かかることだと思います。

 

手間暇かけて、この文化を次の世代に

繋いでいくことを使命に精進していきます!

 

詳しくは、「革職」にてご紹介しています。

職人育成の取り組みを是非、

ご覧頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

●エルメスなどブランド品の

染め直しを動画で配信!

YouTube

 

エルメスやシャネルなどブランド品の

豊富なメンテナンス事例を動画でご覧ください!

 

 

 

革修復どっとコム公式チャンネル

 

・エルメス染め直しのピックアップ動画

 

エルメスを染め直すときの調色や手染め風景など

ご覧いただけます。

 

 

 

 

・TikTok配信中

 

TikTok配信中!

豊富な事例からご確認ください。

 

 

・インスタ配信中

 

革修復どっとコム修復士の日常も交え配信中!

 

 

 

 

 

 

 



バッグ修理・靴修理の革修復どっとコム
沢山のエルメスを修復しました。
〒910-0016 福井市大宮1丁目11-27 清水ビル3F
お問い合わせ先 0776-25-2027
info@kawasyuri.com

<< グッチボディーバッグのファスナー交換をご依頼いただいたお客様より | エルメス・ボリード・ボックスカーフ素材の角擦れ >>