バッグ修理・かばん修理・靴修理・財布修理、クリーニングの革修復どっとコム

シャネル、エルメス・バーキン・ケリーバッグなどの高級ブランドバッグ・靴が蘇ります。




革修理どっとコムへメールでのお問い合わせ 革修理どっとコムへ電話でのお問い合わせ 革修理どっとコムへ診断申込み用紙


バッグ修理 バッグ修理

シャネル・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを修理致します。愛着のある鞄を蘇えらせます。


シャネルバック修理 エルメスバック修理 バーキンバック修理 ケリーバック修理 スタンダードバック修理
靴修理

グッチ、シャネル、フェラガモ、高級ブランドの大切な靴、ブーツを修理致します。クリーニングも承ります。


靴修理 ブーツ修理

部分ケア料金コース修理 バッグ部分修理

ルイヴィトン・エルメス(ケリー、バーキン)、高級ブランドの大切なバッグを部分修理致します。より大切に長く愛用できます。


バック、鞄部分修理 財布部分修理 靴部分修理 ブーツ部分修理


営業日カレンダー

はじめてご利用の方 特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー お問い合わせ
お問い合わせ
お客様の声 事例集

エルメス事例 シャネル事例 ルイヴィトン事例
交換修理 ブランド品の修復事例 お客様の声

エルメスバーキン角擦れ

エルメスバーキンの角擦れ、擦り傷のメンテナンスをご紹介します。

シボに濃淡がある場合、濃淡が少し薄くなりますが、

概ね見栄え良く修復可能です。

before/after

3  1

FullSizeR[1]   2

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと




エルメス染め直し

本日は、エルメスピコタンの染め直しをご紹介します。

 

画像のように、なめし革は、経年変化で色合いが濃くなってきます。

シミや色むら出ない状態で、エイジングする事は、実際、難しいです。

 

なめし革は、経年変化の焼けも考慮して、バランスを見ながら

不自然にならないよう、染料の配合を調整しながら、補色します。

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_0725   IMG_0727

IMG_0724 IMG_0726

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと

 




エルメス染め直し

本日は、エルメスボリードの傷の形成と全体染め直しのメンテナンス

をご紹介します。

 

クレンジングでシミを抜き取り、傷をできる範囲で形成後、

全体的に必要に応じて補色して、艶感を調整する層を加工します。

 

シミや傷など、無理に隠す為に、染料の濃度を濃くしますと、

不自然な仕上がりになるため、バランスを見ながらナチュラル感を

重視して、メンテナンス致します。

 

なめしレザーの色付けや色留め艶感調整を行う製造工程と同じ方法で

加工しておりますので、内部もメンテナンス可能です。

 

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_9444[1]   IMG_9537[1]

 

IMG_9447[1] IMG_9547[1]

 

IMG_9443[1] IMG_9541[1]

 

IMG_9448[1] IMG_9539[1]

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと




エルメス染め直し

本日は、工程を簡単にご案内させて頂きます。

 

当店の特徴、他店との大きな違いは、チューブタイプのアクリル(絵の具)と同じ成分の

ものは使用せず、レザーのなめす工程と同じ方法で、染料や顔料を用いて

補色する方法になります。

 

 

◆レザーの構造です。

レザーの上に、顔料や染料で色を付け、その上に艶感を調整するトップ層があります。

色々な名称のレザーが存在しますが、ヌメ革もスムースレザーも

着色された層、トップ層の配合や厚みで名称が変わっているようです。

 

 

トップ層には、色留めの役割もありますので、そのまま補色すると、

染料や顔料が密着せず浮いてしまい不自然な仕上がりになってしまいますので

とても重要な工程の一つにもなります。

 

元のトップ層を問題なく取り除くことが出来ることも他店との大きな違いになります。

この工程の有無で、仕上がりに今後、ご使用においても持ち具合など、

差が出てしまいますから、当店では重要視している工程になります。

 

 

元々あるトップ層を色が抜けないように取り除いてから、必要に応じた補色と

トップ層の加工を施します。

 

つや感もマット(つや消し)からクリア(つや出し)、エナメルまで

元の状態になるよう、調整しております。

 

 

様々な溶剤を用いて、質感をリアルに再現できるよう、メンテナンスさせて頂きます。

まずはお問い合わせください。

 

 

before/after(画像をクリックすると拡大して細部まで見やすくなります)

IMG_0673 IMG_0677

 

IMG_0672 IMG_0681

IMG_0674 IMG_0678

IMG_0675 IMG_0679

 

新たに銀面を作る工程になりますので、お財布の内側面など

重なり合う部分も問題なくメンテナンス可能になります。

 

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと

 




バーキン角擦れ

本日は、エルメスバーキンの染め直しをご紹介します。

ハンドル持ち手の黒ずみやふち周りに擦り傷がある状態でした。

 

全体的には状態が良いので、クレンジングの後、部分的に補色を施し、

全体的に艶感を調整するメンテナンスになります。

ナチュラルメイク的なメンテナンスです。

 

状態が良い場合、シボの濃淡を消すことなくメンテナンスが可能です。

 

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

バーキン染め直し バーキン染め直し①

 

角度を変えて!

 

バーキン染め直し② バーキン染め直し③

 

 

このように、シボに濃淡がある型押しレザーも状態が良ければ

ナチュラルに全く違和感無くメンテナンス可能です。

 

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと




エルメス・バーキンのメンテナンス

本日は、エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

ハンドルに黒ずみや角に擦れがあります。

 

クレンジングで黒ずみをできる範囲で抜き取る事で

補色がスムーズに進みます。

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_0630[1]   IMG_0634[1]

 

IMG_0631[1]   IMG_0636[1]

 

IMG_0633[1]   IMG_0637[1]

IMG_0632[1] IMG_0635[1]

 

このようにバーキンのスレも専門のスタッフが修復致します。

このような状態の場合はご相談ください。

診断・お見積もりは無料です。

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと




エルメス・ケリーの染め直し

本日は、エルメスケリーのメンテナンスをご紹介します。

素材は、ボックスカーフになります。

全体的にクレンジンを施し、必要に応じ染色補正で

傷や色あせを目立たなくして、艶感を調整する工程になります。

深い傷は無理に隠そうとしますと不自然な仕上がりになりますので

バランスを見ながら染料の濃度や配合剤を調整いたします。

レザーに深く濃く浸透したシミは無理に取り除きますと

レザーを痛めてしまう為、傷同様、染色補正で目立たなくします。

銀層までのシミはクレンジングで概ね抜き取ることが可能です。

 

 

before/after(画像をクリックすると拡大して見やすくなります)

IMG_0611[1] IMG_0615[1]

IMG_0612[1] IMG_0616[1]

IMG_0614[2] IMG_0617[1]

IMG_0613[1] IMG_0618[1]

艶感につきましては、ご希望に応じてマットからクリアまで

ご希望に応じて対応させて頂いておりますが、状態により

ご希望に添えない場合がございます。

状態や色合いに応じて、適切なメンテナンスをご提案させて頂きます。

お見積もりは無料です。

お気軽にお問合せ下さい。

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと




エルメス・ケリー・ボックスカーフの染め直し

本日は、エルメスケリーのメンテナンスをご紹介します。

クレンジングの後、加脂剤でレザーに潤いを持たせ、

必要に応じて補色を施し、艶感を調整し、違和感が出ないよう

メンテナンスさせて頂いております。

擦れや色褪せが見られ、レザーの乾燥も見られましたが、

概ね見栄え良く修復出来ました。

◆before/after(画像をクリックすると拡大して見やすくなります。)

IMG_6811 IMG_6898

IMG_6812 IMG_6899

 

 

革と革の袷を隠すコーティングをバニッシュ(コバ)と言いますが、

バニッシュ加工を施しますと、引き締まった感じが出ます。

IMG_6813 IMG_6901

IMG_6814 IMG_6900

 

 

 

内部もレザー製造工程と同じ方法で染色していますので、

問題なく補色可能です。

※お財布の内部もメンテナンス(補色)が可能です。

IMG_6816 IMG_6902

 

診断・お見積もりは無料です。

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

◆その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!◆

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと

 




わっ~と声がでました。

黒のバーキン届きました。
新品のように綺麗に仕上がっていて開けた瞬間
わっ~と声がでました。
本当にありがとうごさいました。
これからはエルメスのバックが汚れてもどっとコムさんがあるのでもう安心です。

◆ブランド:エルメスバーキン

◆修理内容:染め直し

◆お客様からお送りいただいた画像です。

IMG_0527[1] IMG_0526[1]




エルメス・ボリードの染め直し

本日は、エルメスボリードのメンテナンスをご紹介します。

全体的な黄ばみしみ、擦れにより銀面が剥離した状態です。

全体のクレンジングを施し、状態の良い部分に色合いを合わせ

色調して、必要に応じ染料を補色して見栄えを良くします。

引っ掻き傷やレザーの凹みは痕が残る場合がございます。

無理に傷を隠しますと、不自然な仕上がりになるため、

ナチュラル感を重視したメンテナンスになります。

ご使用による型崩れは、癖になっているケースが多く、

お直しが出来ない場合がございます。

できる範囲で形成はさせて頂いております。

 

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_0551[1]    IMG_0556[2]

 

 

表面が擦れて剥がれています。

IMG_0552[1]  IMG_0557[1]

 

 

クレンジングをシッカリ施す事が、今後の進捗で最も重要になります。

IMG_0553[1] IMG_0558[1]

 

 

内部のシミもレザーのなめす方法を熟知している為、比較的簡単に

修復可能です。

IMG_0554[1] IMG_0560[1]

 

 

エルメスの刻印はお直しできませんが、

ふち周りの色あを修復することで、文字がハッキリとします。

IMG_0555[1] IMG_0561[1]

 

お見積もりは無料です。

お気軽にお問合せ下さい。

 

その他、多数のbefore/afterをほぼ毎日更新してご紹介!

修復師くみっちゃんのeverydayおしごと

 




エルメス・ボリードのメンテナンス

本日は、エルメスボリードのメンテナンスをご紹介します。

 

17424979_1300357766746152_1602953924555869296_n[1]

 

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_0442[1]  IMG_0446[1]

 

シボの凹凸が擦れて無くなっている角擦れは、若干、つるっとした感が

出来る場合がございますが、気にならない範囲までメンテナンス可能です。

全体的なバランスを見ながら染色にて補正します。

IMG_0443[1] IMG_0447[1]

IMG_0444[1] IMG_0448[1]

 

 

内部なども染色補正なのでメンテナンス可能です。

IMG_0445[1] IMG_0449[1]

 

クレンジングで表面の汚れを落とし、状態の良い部分に併せて染料を色調して

必要に応じて染色補正を施し、艶感を調整して完了となります。

レザー製造工程(なめし後の表面層を作る工程)と同じ配合剤を用いて

同じ工程でメンテナンスをさせて頂いております。

 




綺麗に仕上げて頂きありがとうございました。

エルメス エブリン ショルダーバッグ フルケアコース で
依頼させて頂き修理完了到着しました。
本当に綺麗に仕上げて頂きありがとうございました。

■ブランド:エルメス・エブリン

■修理内容:染め直し

■お客様からお送りいただいた画像です。

IMG_6563[1]




エルメス・ボリードのハンドル制作

エルメスボリードのハンドル制作交換をご案内させて頂きます。

画像のように、レザーにまで達した傷がありますと、

補色では見栄え良く仕上げることが出来ません。

このような状態になった状態の場合、制作交換を

ご提案させて頂きます。

IMG_8470[1] 画像をクリックすると拡大します。

IMG_8471[1]出来るだけ近いシュリンクレザーで製作します。

 

このように、制作して交換することも可能です。

レザーは様々な型押し、色合いがあり同じレザーを入手することが

困難な場合がございます。

出来る限り違和感が出ないようレザーを選んだり入手しております。

色合いについては、本体に併せて染め直しすることも可能です。

 

IMG_8469[1]

 

 




エルメスバーキンのクリーニング

本日は、エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

レザーの状態は良いのですが、全体的に傷や擦れにより、

銀層(表面層)が剥離しておりました。

全体的にクレンジングで汚れを落とし、補色を施し、

艶感を調整して、見栄えを良くします。

 

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_0394[1]     IMG_0401[1]

IMG_0395[1]  IMG_0402[1]

IMG_0400[1] IMG_0407[1]

 

 

角の深い傷は、無理に隠さないよう、ナチュラル感を重視して形成と

補色を施します。

IMG_0396[1]  IMG_0403[1]

 

 

ハンドルは手垢など油分が浸透しているため、シッカリ

黒ずみ油分を抜き取り、補色します。

型押しのあるレザーをシュリンクレザーと言いますが、

型押しのボリューム凹凸が無くなっていますと、

若干、つるっとした感が出ます。

革と革の袷を隠すコーティングをバニッシュやコバと言いますが

剥離した部分もメンテナンス可能です。

IMG_0398[1] IMG_0404[1]

 

 

内部の色あせやシミもエルメスは本革になりますのでメンテナンス可能です。

IMG_0399[1] IMG_0406[1]

 

 

エルメスは色合いや状態に応じて、レザー製造工程を熟知した専属の

女性修復師が素材の特徴を最大限に活かしてメンテナンスを

させて頂いております。

 




エルメスベアンのメンテナンス

三つ折ブルージーンベアンのメンテナンスをご紹介します。

型押しのあるレザーの事をシュリンクレザーと言いますが、

型押しの凹凸が潰れていますと、つるっとした感じになりますが、

概ね見栄え良く修復可能です。

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_6634  IMG_6712

内側面や内部も前面、問題なくメンテナンス可能です。

IMG_6633   IMG_6711




エルメス・ベアンのメンテナンス

エルメス・ホワイトベアンのメンテナンスをご紹介します。

ホワイトカラーは、避けて通ることが出来ない状態ですが、

概ね見栄え良く修復可能です。

クレンジングとシミヌキで、出来るだけシミを抜き取り、

補色す工程になります。

 

before/aftre(画像をクリックすると拡大して見易くなります)

IMG_1075    IMG_1763

 

内側面や内部につきましても、特に問題なくメンテナンス可能です。

 

IMG_1076 IMG_1764

 

コインケース内部もクレンジングで完全に抜ききれなかったシミを

補色にてメンテナンス致します。

 

IMG_1081 IMG_1766

このように、ホワイトカラーも概ね見栄え良くメンテナンスが

可能となります。

 

 

 




エルメス バーキンの擦り傷

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

全体的に擦れや色褪せが見られます。

 

before/after(画像をクリックすると拡大して見やすくなります)

 

IMG_8197 IMG_8241

 

ベルトの裏など、状態が良く残っている所に合せ、補色を施します。

 

IMG_8198 IMG_8242

 

特に背面は擦れる為、色褪せが激しいですが、このように、

概ね見栄え良く修復可能になります。

 

IMG_8201  IMG_8244

IMG_8200 IMG_8243

 

型押しやシワなど凹凸のあるレザーの事をシボと言います。

シボの凹凸が擦れて無くなっている場合、若干、痕が残る場合が

ございますが、最善を尽くし目立たなくなるようさせて頂いております。

シボのあるレザーをシュリンクレザーとも言います。

IMG_8196 IMG_8238

フタの裏面や内部など重なり合う部分につきましても、

レザー製造工程と同じ方法で補色するため、

問題なくメンテナンス可能です。

エルメスは、レザーの製造工程(銀層を作る加工)を

熟知した専属の女性修復師が全体的なバランスや雰囲気を

意識してメンテナンス致しております。

 

 

 




エルメス・バーキンのメンテナンス

バーキンのメンテナンスをご紹介します。

色あせやシミ、角擦れなど概ね見栄え良く修復可能です。

エルメスと同じ染料や顔料、配合剤は入手することができませんが、

レザー製造工程と同じ方法でメンテナンスをしており、

色合いや質感など出来るだけ変わらないよう、調整させて頂いております。

銀層の残った状態の、部分的な色褪せや角擦れ程度であれば、補色で済みますが、

全体的な色褪せシミやくすみにつきましては、全体的にメンテナンスを

施す必要があります。

様々な素材や色合いがございますが、銀層に使用されている染料や加工、

状態に応じて、適切な方法をご提案させて頂きます。

※画像をクリック致しますと、拡大して見やすくなります。

o1136113613812253407[1] o0756113613779256011[1]

o0756113613779427793[1] o0756113613783455735[1]

o0756113613826472468[1] o0756113613833029974[1]

o0756113613841794328[1] o0756113613841947670[1]

o0756113613843608346[1] o0756113613850698887[1]

o0756113613851408523[1] o0756113613861134710[1]

ご提案の後、レザーの製造工程を熟知したエルメス専門の

女性スタッフが最善を尽くし、メンテナンス致します。

 




エルメス・ケリー・ボックスカーフの染め直し

ケリーボックスカーフの染め直しをご紹介します。

表面層に光沢感を出す加工がされた素材です。

深い彫られた感じの傷は、無理に隠そうとしますと

不自然な仕上がりになるため、ナチュラル感を重視した

メンテナンスになります。

光沢感につきましては、顔が薄っすら映り込む位が理想です。

before/after(画像をクリックいただくと拡大して見やすくなります)

IMG_0294[1] IMG_0299[1]

 

IMG_0295[1]    IMG_0298[1]

 

IMG_0297[1]   IMG_0300[1]

このように、ボックスカーフ素材の傷や色あせ、

艶感のくすみなど、概ね見栄え良くメンテナンス可能です。

レザー製造工程を熟知した、エルメス専門の

女性スタッフがメンテナンス致します。

 




エルメスリザードの染め替え

エルメスベアンリザード染め変えのご案内です。

リザード専用の染料を用いてレザー製造工程と

同じ工程で染め替えするため、不自然な仕上りになることなく、

うろこのおうとつやボリュームをそのままで染め替え可能です。

アクリル系の顔料(絵の具と同じ成分)を使用しますと、違和感がでて

透明感のある光沢も消え、ウロコのボリューム感もなくなります。

■before/after(画像をクリックすると拡大します。)

 

IMG_5586.jpg IMG_1732.jpg

 

IMG_5585.jpg IMG_1733.jpg

 

内側の重なり合う面も、レザー製造工程と同じ方法になるため、

張り付いたりなどの問題もなく染め替えが可能です。

※刻印も状態が良ければ残せます。

IMG_5584.jpg IMG_1736.jpg

 

無料診断はこちら

 

 




エルメスドゴンのメンテナンス

エルメスドゴンメンテナンスのご紹介です。

素材はスムースレザー(銀面のあるレザー)になります。

日常的に使用されるお財布は、擦れにより最初に銀面が無くなり、

下地のレザーにシミが浸透して黒ずみが出来てしまいます。

スムースレザーは新たに銀面を作る工程になります。

質感や光沢感、シボを生かす事を意識してのケアになりますが、

シボが擦れにより無くなった状態は、残念ながら型押しまでの

修復ができないため、シボの修復はできません。

しかし、全体的に補色することで、見栄えはとても良くなります。

before/after

IMG_0831.JPG IMG_0835.JPG

 

エルメスは内部も全てレザーになりますので、

内部の重なりあう部分の補色も可能です。

 

IMG_0833.JPG IMG_0837.JPG

 

なめしとは!

 

無料診断はこちら




エルメス・リザードの染め直し

ベアン・リザードの染め直しをご紹介します。

全体クレンジングの後に、リザード専用の染料で

補色(染め直し)を施し、艶感を調整するメンテナンスとなります。

before(画像をクリックすると拡大して、細部まで見やすくなります)

IMG_0270

after

IMG_0285

before

IMG_0272

after

IMG_0287

ふち周りの表と裏のレザー合せを隠すコーティングを

バニッシュやコバと言います。

専用の加工剤で色合いや艶感を調整してコーティング致します。

before

IMG_0271

after

IMG_0286

このようにリザード色褪せもエルメスの雰囲気を損なわずに

メンテナンスが可能になります。

レザーの製造工程を熟知した女性のエルメス専門スタッフが

メンテナンスを致しております。

 

 

 




エルメスベアンの染め直し

ベアンスフレの染め直しをご紹介します。

角のキズや全体的な擦り傷、黒ずみなど概ね修復可能です。

エルメスの質感を意識して、エルメス専門の女性スタッフによる

メンテナンスになります。

クレンジングで黒ずみを出来るだけ取り除き

必要に応じて補色を施し、艶感を調整いたします。

before/after(画像をクリックすると拡大します)

 

IMG_9421.jpg   IMG_8004.jpg

 

H.jpg    IMG_8919.jpg

 

IMG_3847.jpg  IMG_4634H.jpg

 

IMG_0287.jpg   IMG_8666.jpg




メッキ色あせのメンテナンス

本体から取り外すことが出来るパーツはメンテナンスが可能です。

凹み傷は残りますが、見栄えよく、輝きを取り戻せます。

チェーンタイプもメンテナンス可能です。

画像をクリックすると拡大して、見やすくなります。

○シャネルチェーンバッグ

加工後、ショルダーフリンジを元に戻します。

IMG_0938[1]  IMG_1111[1]

○エルメスベアン

H金具は、ネジで留められております。

取外す際に、縫製を解いて、加工後、縫製を手縫いで縫製します。

表革と内側の革の袷を隠すコーティングされたふち周り部分を

バニッシュまたはコバと言いますが、再加工を施します。

正規店では、金具の交換修理になるようです。

IMG_1146[1]  IMG_1162[1]

○エスメスカデナ

施錠の回る部分が、若干、硬くなる場合がございますが、

気にならない範囲です。

IMG_1067[1]  IMG_1144[1]

IMG_1079[1]  IMG_1145[1]

メッキ塗装ではなく、ニッケルメッキ加工になるため、本体から外せる事、

外した後、再利用が可能である事が、条件となるため、加工が出来ない場合もございます。

シルバーのメッキも可能です。

 

 

 




エルメス・バーキンのメンテナンス

カデナが擦れて黒ずみが浸透した状態でした。

レザーの着色された層と、艶感を調整された層を銀面(銀層)と言いますが、

銀層にシミが浸透するとクレンジングやシミヌキだけでは

綺麗にする事ができません。

レザーを痛めいないよう、シミを抜き取り、必要に応じて補色を施し、

艶感を調整することで概ね見栄え良く修復可能です。

before

IMG_0556

after

IMG_0626

画像をクリックすると拡大します。




エルメス・プティット・サンチュールの染め直し

エルメス・プティット・サンチュールの染め直しをご紹介します。

色あせやシミは概ね復元可能ですが、深いキズは若干、痕が残る場合がございます。

最善を尽しておりますが、無理に傷を隠しますと,不自然な仕上がりになるため、

あえて傷を残す場合もございます。

エルメス専門の女性修復師によりナチュラル感を重視したメンテナンスを

させて頂いております。

before/after

 

IMG_3982.jpg  IMG_9660.jpg

IMG_6747.jpg  IMG_9628.jpg

IMG_7422.jpg  IMG_1766.jpg

 




バーキンの染め直し

バーキンの染め直しをご案内させて頂きます。

水シミが、レザーに浸透した状態でも、見栄え良く修復可能です。

クレンジングとシミヌキで、できる範囲でシミを抜き取ります。

良くご質問を頂きますが、バッグに仕上げ剤など水を使って、漬け込みなどの工程はございません。

バッグを水に漬け込みますと、栄養分を入れても、少なからず変形したり収縮する危険性があるため、

当店では、危険の無い方法でシミをできる範囲で抜き取ります。

before/after

 

IMG_0503H.jpg  IMG_4512.jpg

シミが残った状態で補色をしますと、お化粧で言うと厚塗りになるため、

シミを出来るだけ抜き取り致します。

シミを薄くすることで、ナチュラルメイクで仕上げることが可能となります。

before/after

 

IMG_7194.jpg      IMG_5184.jpg

IMG_6467.jpg      IMG_6216.jpg

IMG_6540.jpg      IMG_4272H.jpg

ナチュラル感を重視したメンテナンスになります。

 




エルメスバーキンの角擦れ復元

エルメス・バーキンの角擦れ復元です。

色はブルージーンより濃いめのターコイズ、素材はトゴです。

光の加減で、色が違って見えます。

 

before/after

 

01620121102[1].jpg   00720121102[1].jpg




エルメスバーキンの染め直し

バーキンの染め直しをご紹介します。

ナチュラルに仕上げるポイントの一つに、シミを如何に薄く抜き取るかが

その後の仕上がりに大きく影響してきます。

シミを残したまま、補色を進めるとシミを隠す為に、無理に染料の濃度を濃くするなど、

不自然な仕上がりになってしまいます。

シミを抜き取ることで、ナチュラルなメイク感覚で違和感が出ないよう仕上げます。

パイピングなどレザーが剥離して、下地が見える傷は、形成して型をとり、補色を施します。

傷が深かったり範囲が広いと、痕が残りますが見栄え良く仕上ります。

質感を損なわないよう、最善を尽くしメンテナンスをさせて頂いております。

before/after(画像をクリックすると拡大します)

IMG_0183.jpg   IMG_2766.jpg

IMG_5159.jpg  IMG_3891.jpg

IMG_1973.jpg  IMG_8263.jpg

IMG_0527.jpg   IMG_4321.jpg

IMG_9860.jpg   IMG_1617.jpg

IMG_6928.jpg  IMG_6952.jpg




エルメス ドゴン ヌバッグのキズ修復

エルメスドゴン ヌバックのキズ直しをご紹介します。

ヌバックは、表面層の無い、スエードより目の細かな素材です。

今回のケースは、表面の起毛が完全に無くなった状態でした。

質感がヌバックの様な質感になる成分を染料に配合して、キズを埋める工程でした。

完全に同じ質感にする事は、難しいですが、目立たない状態にする事は可能です。

before/after(画像をクリックすると拡大します)

 

IMG_3500.jpg    IMG_5803.jpg

エルメス正規店で、修理が不可能と判断され、諦めているエルメスをもう一度、復活させてみませんか!

 

診断、お見積りは無料です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 




エルメスバーキンのメンテナンス

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

IMG_0129[1]

IMG_0131[2]

全体的なメンテナンスを施しても、刻印も残ります。

IMG_0130[1]




エルメスバーキン角擦れ

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

角の擦れなど、概ね見栄え良く修復可能です。

before/after

IMG_0132[1]   IMG_0135[1]

IMG_0133[1]   IMG_0137[1]

 

IMG_0134[1]   IMG_0136[1]

 

 




新年、明けましておめでようございます。

レザーのメンテナンスは、奥が深く、

様々な色、構造、状態から、メンテナンス方法を探りながら

進めさせて頂く必要があり、経験が重要になってきます。

名医は10年過ぎてからと聞きますが、同じ10年でも

一つの事に費やした時間量も影響してくるのではと思います。

尊敬する社長さんから教わっている座右の銘です。

「一生一回一ブランド」

一生は長いようで短い。

人生が、200年あるなら、色々な事にチャレンジするのも

良いと思うが、仕事に携わることができる時間は、

50年位しかないので、一つの事を深堀りした方が

必ず成果として実を結ぶと思います。

一つの事を成し遂げること、もっと良くしようと、継続して続けていく事は

ただでさえ難しく、様々な困難に負けずに取り組んでいかなければ

ならないのに、あれもこれもやっていたら、

どれも中途半端になり、結局、何も実を結ぶ事の無い人生になるでしょう。

一つの事を真剣に良くしようと取り組んでいたら、他の事なんて、

やっている暇が無い。

と言った意味がこめられた人間味のある言葉です。

今年も肝に銘じて精進していきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

IMG_0138[1]




エルメスアリゲータのしみ抜き

エルメスアリゲータベアンのシミ抜きをご紹介します。

若干、残りましたが、概ね目立たない状態になりました。

シミが完全に浸透する前の段階ですと、概ね目立たない範囲まで

染み抜きが可能です。

浸透して、残ってしまう場合は、補色が必要となり、

全体的な状態など、ご希望と現状のバランスを見て

最善策をご提案させていただいていります。

before/after

 

IMG_3444.jpg    IMG_3468.jpg

 

エルメスに関して書かれた著書をご紹介します。

「エスプリ思考」

エルメスが世界最高峰のブランドとして君臨しているのか、納得できます。

「ブランドの為に商品を作っているのではない」

奥深い言葉です。

 




バーキンのメンテナンス

バーキンのメンテナンスをご紹介します。

インクのシミは、無理にしみ抜きをしますと広がってしまう為、

広がらないようにしみ抜きを施してから、メンテナンスを施します。

角擦れの黒ずみも概ね修復可能です。

before/after

IMG_3164.jpg   IMG_6155.jpg

 

IMG_5341.jpg   IMG_1806.jpg

IMG_9747.jpg    IMG_5356.jpg

 

 




エルメスボリード オーストリッチレザーのメンテナンス

エルメスボリードのメンテナンスをご紹介します。

全体的に焼けが生じてくすみが出た状態でした。

オーストリッチの質感、クィルマークを活かし、染め直しをします。

染料の濃度や配合剤の調整が難しい素材の一つとなります。

ナチュラル感を重視して、出来るだけ新調感が出るよう、

最善を尽くしてメンテナンスさせて頂きます。

before/after

 

074.JPG    160.JPG

染め直しや染め替え修復の関してのご質問やお聞きになりたいことは、

遠慮なくお問い合わせいただけたらと存じます。

専門的な内容を出来るだけ、噛み砕いてご案内させて頂いております。

 

 

 

 

 




エルメスケリー角擦れ

エルメスケリーのメンテナンスをご紹介します。

使用感があり、角の傷につきましては、レザーが無くなり

パックリ割れた状態でした。

 

IMG_0120[1]

 

 

IMG_0124[1]

 

 

 

IMG_0122[1]

 

今回は、お打ち合わせにより、シボがある型押しのレザーのため、

深い傷は、あえて無理に隠さず、恥かしくないレベルまで目立たなくして

全体的なバランスとナチュラル感を重視して、見栄え良くメンテナンスをさせて頂きました。

完全に隠す事も可能ですが、お打ち合わせの上、決めさせて頂く流れになります。

 

DC

 

 




エルメスバーキンのメンテナンス

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

 

IMG_0106[1]

 

擦り傷や全体的にくすみが出た状態でした。

 

IMG_0113[1]

 

クレンジングで、表面の汚れを落とし、必要に応じて補色を施し、

艶感を調整する層を加工することで、見栄え良く仕上がります。

 

IMG_0111[1]

 

レザーの表面層を銀面、銀層と言いますが、新たに銀面を作る工程になります。

IMG_0119[1]

 

 

IMG_0112[1]

 

 

IMG_0118[1]

 

内部も概ね綺麗になります。

 

IMG_0110[1]

 

 

IMG_0117[1]

 

深い傷は無理に隠さず、ナチュラル感を重視してのメンテナンスになりますので、

違和感無く仕上ります。

 

お見積もりは無料です。

状態が悪く、ご使用されていないバーキンを復活させて見ませんか!

 

画像診断はこちらから

 

よくあるご質問はこちらから

 

 




エルメスアザップツーの色変え

アザップツーの色変えをご紹介します。

グレーからブラックの色変えです。

明るい色合いから濃い色合いの染め変えは、

特に問題なく染め替えが可能です。

濃い色合いほど、新調感を出しやすく、ブラックがお勧めです。

革シボ(シワ状の型押しもしくは、革特有のシワ)がある素材は、

アクリル系の顔料を使用するとシボが埋まり、不自然な仕上がりになるため、

アクリルは使用しないで、ナチュラル感を重視した染め替えになります。

before/after

IMG_7342.jpg   IMG_8511.jpg

内部も染め変え可能です。

IMG_3540.jpg  IMG_8481.jpg

 

IMG_2652.jpg IMG_2562.jpg

 




エルメスバーキンのメンテナンス

エルメスバーキンの擦り傷修復をご紹介します。

角擦れの場合、革シボ(シワ状の型押しもしくは、革特有のシワ)が

磨り減って凹凸が無くなっている場合がございますが、

概ね見栄え良く修復可能かと存じます。

before/after

361.JPG  367.JPG

全体的な染め直しになりますが、ステッチも白いままメンテナンス可能です。

365.JPG  371.JPG




エルメスベアンのメンテナンス

エルメスベアンのシミ・色あせ・ステッチのホツレ修復をご紹介します。

ベアンは折山、ベルト部分にホツレ易い傾向がございます。

手縫いで縫製を施し、表と裏の袷を隠すコーティングを

バニッシュと言いますが、加工を施し、全体的にクレンジングを施し

必要に応じて補色して、艶感を調整して完了となります。

before/after

IMG_3502.jpg  IMG_3078.jpg

IMG_8743.jpg   IMG_7882.jpg

IMG_4714.jpg   IMG_1717.jpg

正規店で修復が不可能と診断され、諦めているエルメスを復活させてみませんか。

 

診断・お見積りは無料です。




嬉しいクリスマスプレゼントになりました。

おはようございます。

昨夜、ロデオ受け取りました。

丁寧なご説明がありましたので、全く心配もしておりませんでした。

もう手触りもそのままの、完全な真っ黒ロデオでもどってきてくれました。

本当にどうもありがとうございました。

ソーブラックは、めちゃくちゃな高値になっているうえ、レアで手に入らないので思いついて、

染め替えをお願いしてよかったです。

大大大満足です。

嬉しいクリスマスプレゼントになりました。

早速、バッグにつけました。

また、何かございましたら、どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。

■ブランド:エルメス ロデオ

■修理内容:染め替え

■お客様から頂いた画像です。

image1[1] IMG_2130[1]

 

IMG_2131[1]

 

 




エルメスサックアデベッシュのメンテナンス

エルメス サックアデペッシュのメンテナンスをご紹介します。

深いひび割れは痕が残りますが、レザー製造工程と同じ方法で

銀層(表面層)を作る事で、概ね見栄え良く修復可能です。

before/after  画像をクリックすると拡大します。

IMG_2593.jpg IMG_8749.jpg

他店でアクリル(絵の具と同じ顔料)で塗られていたため、割れが出て

不自然なベッタリとした光沢がありましたが、改善いたしました。

IMG_5735.jpg IMG_8645.jpg




エルメスドゴンのメンテナンス

エルメスドゴンの修復をご紹介します。

ベルト部分のバニッシュが割れて、糸が飛び出した状態の修復と

内側面のしみ抜きと補色をさせていただきました。

before/after

IMG_5091.jpg  IMG_6478.jpg

IMG_5526.jpg  IMG_4732.jpg




エルメスベアンのメンテナンス

エルメスベアンのメンテナンスをご紹介します。

ベルト、折山の黒ずみや全体のくすみなど、クレンジングの後、

レザーを痛めない範囲でシミを抜き取り、抜ききれなかったシミや

色褪せを目立たなくする補色を施し、艶感を調整して見栄え良く修復します。

before/after

 

IMG_4546.jpg   IMG_2922.jpg

内側面も問題なく修復可能です。




エルメスバーキンのメンテナンス

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

オレンジ系の色合いは、見た目で同じ色合いで色調しても

レザーに添付すると色合いが少しくすんでしまう為、

発色剤を活用して、色合いを調整します。

画像のような型押しがあるレザーをシュリンクレザーと言いますが、

シュリンクレザーは、基本的にマット仕上げます。

before/after

IMG_6735.jpg   IMG_8679.jpg

IMG_3639.jpg   IMG_0292.jpg

IMG_4007.jpg  IMG_4684.jpg

IMG_2527.jpg   IMG_2406.jpg

 




エルメスボリードの角擦れメンテナンス

エルメスボリードのメンテナンスをご紹介します。

クレンジングで表面の汚れを落とし、必要に応じて、補色を施す工程になりますが、

擦れなどで表面が無くなった部分は、下地を作ってから補色を

施す事で、見栄え良く仕上げることが可能です。

擦れで毛羽立った状態も見栄え良く改善いたします。

before/after

IMG_2353.jpg   IMG_1752.jpg

IMG_3412.jpg   IMG_9097.jpg

 

正規店でメンテナンスが出来ないと、諦めていた角擦れなど、お気軽にお問い合わせください!

 




エルメス ケリーのメンテナンス

ケリーボックスカーフのメンテナンスをご紹介します。

ボックスカーフ素材の光沢と、ツルっとした質感を意識しながらの修復です。

深い凹んだ傷は、無理に隠そうとしますと不自然な仕上がりになるため、

無理をしないで、ナチュラル感を重視して、見栄えが良くなるようメンテナンス

をさせて頂いております。

before/after

IMG_2658.jpg  IMG_7917.jpg

IMG_2625.jpg   IMG_2801.jpg

 




エルメスバーキンのメンテナンス

エルメスバーキンのメンテナンスをご紹介します。

クレンジングで生地を傷めない範囲で表面の汚れを抜き取り、

浸透して落としきれないシミや角擦れは必要に応じて補色を施し、

艶感を調整して、色褪せやシミを見栄え良く修復させていただいております。

無理にシミや傷を隠しますと、いかにも塗装したかのような仕上がりになるため、

顔料、染料、配合剤を工夫して調整し、レザーへの馴染み方を見ながら、

メンテナンスをさせて頂いております。

「経験値」が大切な工程になりますので、経験豊富なエルメス専門の

修復師が、メンテナンスをさせて頂きます。

before/after

 

IMG_7519.jpg   IMG_1369.jpg

IMG_3108.jpg   IMG_3320.jpg

IMG_2798.jpg   IMG_1744.jpg

 

正規店で修理が出来ないと、諦めているバーキンを復活させてみませんか!

 

 

 




エルメス ミニエブリンのメンテナンス

エルメス ミニエブリンの破れ、擦り傷のメンテナンスをご紹介します。

赤を基調とした色合いは、染料や顔料に透明度があるため、

クレンジングでレザーを痛めない範囲で、黒ずみをシッカリと抜き取ってから

必要に応じて補色を施し、艶感を調整する層を加工いたします。

before/after

 

IMG_8230.jpg   IMG_8219.jpg

IMG_1417.jpg   IMG_0151.jpg

IMG_6252.jpg   IMG_8467.jpg

正規店で修理が不可能と診断され、眠っているエルメスをもう一度、復活させてみませんか!

診断、お見積もりは無料です。

お気軽にお問合せ下さい。





1 | 2 | 3 | 4 | 5
powerd by ユニフォーム